名前:志那都 みこと
性別:女性
身長・体重:153cm 49kg
年齢:高校生
スリーサイズ:大きい ほそい 安産型
特技: 根拠の無い自信と行動力
好きな物:動物 彼氏 夏海
苦手な物: 現金
嫌いな物: カードの使えない店
天敵: 夏海
戦闘技術: 一般人
武装・能力: 魔術回路を有する。ただし魔術師ではない。

 夏海のクラスメイトで親友。 
 八百比丘尼を始祖に持つ神社の一族。
 元々は菅代家と共同でこの地を守ってきたのだが、
 菅代家が管理者となったので神社は衰退。魔術回路などはほとんど失われる。
 今でも神社は細々と伯父夫婦が切り盛りしており、
 両親は開発事業に協力して企業の重役として活動している。
 つまり神社の娘で、水佐波市きってのお嬢様かつおっぱいである。

 両親の教育の賜物か、動物好きで優しい性格。
 水佐波市全土を巻き込んだ大恋愛の末、ラブラブの彼氏ができた。
 彼氏にはとことん尽くし、水佐波市で有名なバカップルとして認知されている。
 夏海とは天敵と書いて友と読む間柄。一方的にみことが苦手に思っているだけだが。
 現金は持ち歩かない主義。使うときには金を使う。戦力も同様。一点豪華決戦主義。
 将来の夢は世界征服。

 ラブラブデート中に、交通事故で彼氏が重傷を負ってしまう。
 植物状態になり、もって一ヶ月と医者に宣告された彼女は、
 神社で祈祷を行い、その際にサーヴァントを呼び出してしまう。
 聖杯の存在を知った彼女は、彼氏を救うために聖杯戦争に参加することを決意する。

 家柄的にマスターには選ばれやすい伯父夫婦には魔力も無く、子供もおらず、
 聖杯に選ばれるにたる願いを持っていたのは彼女だけだったのでマスターとなった。
 魔術回路、魔力共に持ち合わせたある種の先祖がえり。Jrには最初からマークされていたようだ。

添付ファイル