【元ネタ】史実
【CLASS】キャスター
【マスター】
【真名】パラケルスス
【性別】男性
【身長・体重】168cm・57kg
【属性】混沌・善
【ステータス】筋力E 耐久E 敏捷E 魔力A 幸運D 宝具A+
【クラス別スキル】
陣地作成:B
 魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。
 “工房”の形成が可能。

道具作成:A+
 魔力を帯びた器具を作成できる。
 錬金術によるホムンクルスの作成に優れ、
 『賢者の石』すら作り上げることが可能。

【固有スキル】
魔術:A
 特に錬金術を得意としている。
 戦闘魔術は並だが、『賢者の石』の力で、
 治療用魔術や錬金術の行使には大きなアドバンテージを得る。

賢者の石:EX
 錬金術の到達点である至上の霊薬。
 ただし、パラケルススの技量では『賢者の石』の高位な行使は不可能。

【宝具】
『AZΩT(アゾット)』
ランク:C 種別:対人宝具 レンジ:- 最大捕捉:1000人
 アルファベットの最初の文字である「A」、
 ラテン語の最後の文字である「Z」、ギリシア語の最後の文字である「Ω」、
 そしてヘブライ語の最後の文字「Τ」を組み合わせた名を持つ短剣。
 AZOTH、アゾートとも言う。
 『賢者の石』の力で始まりと終わりの文字が示すように、
 その内側に極めて大きな空間を圧縮している。
 パラケルススは、宝具・工房をこの中に収納している。

『箱庭の四大精霊(エレメンタル・ホムンクルス)』
 ランク:A+ 種別:対人宝具 レンジ:- 最大捕捉:4体
 四つのフラスコに封じられた、四大精霊の名を冠する四体のホムンクルス。
 それぞれが四大精霊から伸びた人造の触角であり、
 その力の一端を宿し、自分の属性に属する精霊の力を自在に行使する。
 しかし生命としては非常に弱く、『賢者の石』無しでは外界で活動は出来ない。

【解説】
 パラケルススとは「いにしえの名医であるケルススを凌ぐ」という意味。
 1493年、スイスのアインジールデンにて生まれる。
 医者であった父から自然哲学を教わり医学の道を志す。
 イタリアのフェラーラ大学を卒業し、放浪。
 各地の民間療法に触れ、錬金術と医術の歴史において名を残すが、
 議論好きで敵を作りやすい性格の為に、概ね不遇の人生を過ごす。
 1541年にザルツブルクにて客死した。
 生前に著したパラ三部作と言われる医学書は、後の医学に大きな影響を与えた。
 伝承によればホムンクルスを創り出し、賢者の石を持っていたとされる。

【イメージイラスト】

【出演SS】