【元ネタ】都市伝説『首なしライダー』
【CLASS】ライダー
【マスター】
【真名】首なしライダー
【性別】男性
【身長・体重】150cm・45kg
【属性】混沌・中庸
【ステータス】筋力E 耐久E 敏捷E 魔力E 幸運E 宝具D
【クラス別スキル】
対魔力:E
 魔術に対する守り。無効化はできず、ダメージ数値を多少削減する。

騎乗:D+
 騎乗の能力。大抵の乗り物を人並みに乗りこなせる。
 バイクに関しては天賦の才を持つ。

【固有スキル】
異形:D
 頭部の欠損。触覚以外の五感を持たない。
 周囲の物体、霊体の座標を正確に把握する超感覚を持つ。
 特に死に瀕した人間の位置は、街一つの範囲で捕捉可能。

【宝具】
『絡みつく首慾衝動(ワイヤード・ツーリング)』
ランク:D 種別:対人宝具 レンジ:1~6 最大捕捉:1人
 首なしライダーという都市伝説が宝具の域にまで昇華したもの。
 発動と同時に霊的なワイヤーを展開して対象の首に絡み付け、レンジ内部に固定する。
 首なしライダーの移動に伴ってレンジも移動する為、速度によって対象の頭部は切断され、
 それを免れた場合でも、宝具が解放されている限り、首なしライダーに引きずられる事になる。

【Weapon】
『カワサキ500SSマッハIII』
1970年代に登場した、史上初めて市販車による時速200kmを達成したバイク。
その加速性能は異常なほどで、並みのライダーでは曲がることさえ不可能であった。
独特のエンジン音、白い排気煙、そのスピードから「カミナリマッハ」の異名を持つ。

【解説】
奥多摩、六甲山ハイウェイなどに出没する、頭部の欠損したライダーの幽霊。
元は極めて腕の良いライダーだったが、暴走族避けに張られたピアノ線に突っ込み、不幸にも首を切断されてしまった。
以来、その道には首なしライダーが現われ、首なしライダーに追い抜かれた者は死亡するようになったという。
都市伝説の常として様々な派生があり、失った首を探している、首なしライダーの暴走族がいる、など。
変わったものには、ピアノ線を張ったのは変質者で、首なしライダーは仇討ちをしようとしている……という話もある。

【出演SS】