【元ネタ】史実
【CLASS】セイバー
【マスター】
【真名】カール
【性別】男性
【身長・体重】195cm・122kg
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力B 耐久C 敏捷D 魔力D 幸運A 宝具A++
【クラス別スキル】
騎乗:C
 騎乗の才能。大抵の乗り物、動物なら人並み以上に乗りこなせるが、
 野獣ランクの獣は乗りこなせない。

対魔力:A
 聖遺物の護符による守護、対魔力A以下の魔術は全てキャンセル。
 事実上、現代の魔術師ではカールに傷をつけられず
 特に腐敗や老化に対して強い耐性を持つ。

【固有スキル】
カリスマ:B
 軍団を指揮する天性の才能。団体戦闘において、自軍の能力を向上させる。
 カリスマは稀有な才能で、一国の王としてはBランクで十分と言える。

天使の加護:C
 天使の加護により、一対一の戦いにおいて幸運を引き寄せる。

聖霊の加護:D
 痛覚によるペナルティを軽減する。

【宝具】
『至尊なる尊厳者の戴冠(コローナ・フェッラーラ)』
ランク:B 種別:結界宝具 レンジ:0~40 最大捕捉:500人
 平和と文化、そして信仰をヨーロッパにもたらしたカール大帝に与えられた、神に認められし皇帝の地位を現す王冠。
 真名開放により、エレナの聖釘を魔力回路とし、寺院や神殿、教会等に対して祝福を与え、自身の領地へと変える。
 レンジ内の対象に対し、学習や生産などの「文化的」な行動に優位な補正、逆に暴力等の「野蛮な」行為に不利な補正を与える。
 また、レンジ内の存在に対して対粛清AC+1000を与え極めて堅固な安住の場所を提供する。
 『至尊なる尊厳者の戴冠』の祝福は信者の信仰心を糧に維持され、一度祝福を与えた後は解除、破壊、または信徒が存在しなくまで維持される。

『虹彩輝く歓喜の剣(ジュワユース)』
ランク:A++ 種別:対城宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:1000人
 聖槍ロンギヌスの穂先が仕込まれた、プリズム状の透明な刀身をを持つ聖剣
 持ち主の魔力をプリズム状の剣の内部で拡散、再構成することで合計30種もの魔術特性を作り出し剣に付与する。
 透明な刀身は現出させる魔術特性に応じてその色を変化させる。
 真名開放により、すべての魔術特性を融合させ純粋な破壊の力として放つことができる。

【解説】
 ローマ教皇レオ3世から西ローマ皇帝として戴冠を受け(カールの戴冠)、西ローマ帝国の皇帝となり、
 フランク王国から分かれた神聖ローマ帝国およびフランス王国の歴史においても偉大な国王として君臨した。
 現在のドイツ・イタリア・フランスにまたがる広大な領域を統一し、アーヘンを王国統治の中心とし、
 アルクィンらの補佐を得てラテン語文化を復興、ラテン語の教育に基づく文化運動「カロリング・ルネサンス」を現出し
 王国各地に地方長官「伯」、監察官「巡察使」を派遣するなどして効率的な統治につとめた。
 彼の言葉に「平和なくして、神を喜ばせることはできない。」「余の務めは、聖なるキリストの教会を作ること。」とあるように、
 教会の建立、教育と産業の発展にも力を注ぎ、当時はまだ野蛮であったヨーロッパが、文明へと進む土台を形成させた。
 生涯通じて女好きで、正式な妻は4人、お妾や私生児は数知れず。
 そして、自分の娘たちを大変可愛がり、自分が死ぬまで一人も嫁がせなかったという。

【出演SS】