【元ネタ】ケルト神話
【CLASS】バーサーカー
【マスター】
【真名】ピサール
【性別】男性
【身長・体重】181cm・221kg
【属性】混沌・狂
【ステータス】筋力C 耐久B 敏捷D 魔力B 幸運D 宝具A+
【クラス別スキル】
狂化:B
 全パラメーターを1ランクアップさせるが、理性の大半を奪われる。

【固有スキル】
芸術審美:E-
 芸術作品、美術品への執着心。
 芸能面における逸話を持つ宝具を目にした場合、
 ごく低い確率で真名を看破することができる。
 ただし現在はクラス能力により狂化している為、能力を発揮できない。

【宝具】
『屠殺者(アラドヴァル)』
ランク:A 種別:対城宝具 レンジ:0~99 最大捕捉:1000人
 魔人王ピサールが持つ凶暴な意思を持つ血に餓えた毒槍。
 周囲から無差別に魔力・生命力を熱として略奪する力を持つ。
 略奪をされた対象は体温の低下と体表からの熱の放出により、
 周囲の温度が上昇したような錯覚に陥る。
 1ターン経過するごとに略奪の範囲が広がり数日間で最大の規模になるが、
 略奪の度合いは穂先からの距離に比例して減少する。
 熱が一定以上蓄積された状態で一気に開放することで、
 広域を焼き尽くす高熱の瘴気として放出する。
 『屠殺者』を完全に支配できる者に握られて居なければ、
 単独で勝手に動き能力を発動させる。

『遮蔽氷鞘(カラド・ウィシュケ)』
ランク:C 種別:対人宝具 レンジ:2~4 最大捕捉:1個
 封印の釜が変じた、圧縮された冷水の魔術礼装。
 包み込んだものと外界との熱のやり取りを遮断する。
 『屠殺者』を包み込むことで、熱としての略奪能力を封じることが可能。
 この『遮蔽氷鞘』に包まれた武器による攻撃は、
 ダメージ判定に冷気によるボーナスを得る

【解説】
 毒槍『屠殺者』を持つ、ペルシャの魔人王。
 太陽神ルーに槍の回収を命じられたトゥレンの息子たちによって、
 黄金の林檎で額を割られ、槍を強奪された。

【出演SS】