※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【元ネタ】三国志
【CLASS】アサシン
【マスター】
【真名】曹操 孟徳
【性別】男性
【身長・体重】161cm・60kg
【属性】秩序・悪
【ステータス】筋力B 耐久C 敏捷B 魔力B 幸運A 宝具B+
【クラス別スキル】
気配遮断:C
 元々董卓暗殺も失敗に終わっておりアサシンに在るまじき低さであり、
 サーヴァントであれば立ち所に気配を察せられてしまう。

騎乗:B
 乗り物を乗りこなす能力。大抵の乗り物なら人並み以上に乗りこなせるが、
 幻想種あるいは魔獣・聖獣ランクの獣は乗りこなすことが出来ない。

【固有スキル】
超世之傑:A
 類まれなる多芸の才能。政治、戦術、学術、芸術、話術、酒造、などの
 多くの分野の専業スキルを、Bランク以上の習熟度を発揮できる。

無辜の怪物:B
 生前のイメージによって、後に過去の在り方を捻じ曲げられなった怪物。
 小説の三国志演義による悪役化のイメージが侵食されている。

乱世の奸雄:A
 秩序が乱れるほどに輝きはじめる多様な才能。
 聖杯戦争の被害者が生まれる度に、あらゆる判定の成功率が上昇する。

【宝具】
『七星宝刀(しちせいほうとう)』
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:1~2 最大捕捉:1人
 王允が作り上げた中華ガジェット。
 死の神である北斗星君の神力と、破邪、鎮護の属性を込めることで“天誅”を形にした宝刀。
 この刀によって斬りつけられた者は、その罪の多寡に応じて“存在の寿命”を削り取られる。
 善良な者に対しては凡百の刀に過ぎないが、無辜の人民を害する悪逆の徒に対しては
 “寿命”そのものを奪うため、掠り傷でも致命傷になりうる。

『絶影疾駆(ぜつえいしっく)』
ランク:B+ 種別:対軍宝具 レンジ:2~50 最大捕捉:100人
 影すらも絶つといわれた曹操の愛馬。
 真名を開放することにより、真名を開放することにより、
 目にも止まらぬ速さを発揮し、敵軍を薙ぎ払う。
 その速さから、攻撃時には相手の回避判定が大幅に低下する。
 しかし、その加速故、攻撃動作には大きな助走が必要であり、
 さらに加速中は直進にしか移動できないため、回避動作が取れない。

【解説】
 政戦両略に優れ、詩歌文学にも通じる万能の英雄。
 許劭から「治世の能臣、乱世の奸雄」と評される。黄巾賊討伐で活躍し、
 董卓が実権を握ると諸侯に董卓打倒を呼びかけて挙兵。
 その後、兗州を平定して青州兵を加え、献帝を許昌に迎えて政権を握る。
 呂布、袁術らを倒し、官渡の戦いで袁紹を破って河北を支配。次いで劉琮を下し江東に迫るが、
 赤壁の戦いで孫権、劉備の連合軍に敗れ、全土統一の機会を逃す。
 以後は関中以西の平定に尽力。213年に魏公、216年に魏王となる。