【元ネタ】テイルズオブジアビス
【CLASS】セイバー
【マスター】
【真名】ルーク・フォン・ファブレ
【性別】男性
【身長・体重】171cm・68kg
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力B+ 耐久B+ 敏捷B 魔力C 幸運D 宝具A++
【クラス別スキル】
対魔力:B
 魔術発動における詠唱が三節以下のものを無効化する。
 大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、傷つけるのは難しい。

騎乗:E
 騎乗の才能。大抵の乗り物なら何とか乗りこなせる。

【固有スキル】
アルバート流:B+
 ホド特有の剣術で、盾を使わず自身の肉体を強化し攻撃力と防御力に長けている。
 武器、ないし自身の肉体に譜力を帯びさせ、素手でも戦えることを念頭に置かれている。
 Aでようやく“修得した”と言えるレベル。+は伸び代で瞬間的にAランクを超える。

第七音譜術士:EX
 魔力とは違う音の属性を持つ元素を操る者。
 極稀に先天的に得ることがある類稀なる才能と言われている。
 ここまでくると人の域を超え超振動を扱う者でないと不可能。

ローレライの剣士:A
 意志と遺志を受け継ぎ剣を振るう者を人はこう呼ぶ。
 威圧・混乱・幻惑といった精神干渉を無効化する能力。

【宝具】
『燦然たる遠吠え(レイディアント・ハウル)』
ランク:A 種別:対人宝具 レンジ:1~5 最大捕捉:4人
 超振動と呼ばれるありとあらゆるものを分解させる能力を利用する宝具。
 周囲に障壁を展開し、超振動を対象に集束させ吹き飛ばす。
 威力は、相手の細胞一つ一つを解離させ、文字通り消滅させる。

『天に導く星の煌き(ロスト・フォン・ドライブ)』
ランク:A++ 種別:対城宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:1000人
 神霊ローレライがユリアに授けた剣の形をした神造兵装、第七音素を集結させる力を持っている。
 超振動同士を干渉させあうことで更に強力な第二超振動が発動できる、
 もはや物質を分解ではなく、神秘の力を無効化し消滅させるほどの力を持つ。
 真名解放することで前方に強力な超振動の奔流を放つ。

【解説】
テイルズ オブ ジ アビスの主人公。
大変な世間知らずでわがまま、だが根は優しい
唯一の趣味は剣の修行で、剣筋は粗いが腕は立ち伸び代もある。
超振動と呼ばれる能力を持っている、本来は1人では使うことができないが
ルークは単独での超振動を起こすことの出来る。
正体はキムラスカ王国のファブレ公爵家の一人息子を基に造られたホムンクルス。
髪を切ってからは責任感に目覚め、仲間を引っ張っていく。
エンディングにて消滅したが手違いで英霊の座に行き着いたルーク。