【元ネタ】旧約聖書
【CLASS】セイバー
【マスター】
【真名】ミカエル
【性別】男性
【身長・体重】186cm・89kg
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力A 耐久B 敏捷A++ 魔力A 幸運B 宝具A++
【クラス別スキル】
対魔力:A
 A以下の魔術は全てキャンセル。
 事実上、現代の魔術師では、魔術で傷をつけることは出来ない。

騎乗:A
 騎乗の才能。
 乗り物という概念に対して発揮されるスキルであるため、生物・非生物を問わない。
 Aランクで幻獣・神獣ランク以外を乗りこなすことが出来る。

【固有スキル】
熾天の極雷:A
 セレスティアル人が纏う霊光・オーラの類。
 ミカエルの場合、雷の魔力を武器や肉体に帯びさせて、追加ダメージを与える。
 宝具のトニトルス・レメゲトンの雷もこのスキルを使用している。

天性の肉体:A
 生まれながらに生物として完全な肉体を持つ。
 このスキルの所有者は、常に筋力がランクアップしているものとして扱われる。
 さらに肉体が劣化せず永久的に同じ状態を保持する。

カリスマ:B
 軍団を指揮する天性の才能。団体戦闘において、自軍の能力を向上させる。
 カリスマは稀有な才能で、一国の王としてはBランクで十分と言える。

太陽の加護:A
 第6のセフィラ。ティファレトの守護天使にあたるミカエルは、
 陽光を魔力に変換できる為、日中においては常に魔力が回復していく。

【宝具】
『賢者に授けし雷霆(トニトルス・レメゲトン)』
ランク:A++ 種別:対軍宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:1000人
 古代イスラエルの王ソロモンに稲妻とともに授けたという逸話を宝具に昇華したもの。
 剣や弓など武器と認識していれば稲妻を放出して周囲の敵を薙ぎ払う。
 時速72万kmという速度に到達する。

『鞘より抜かれし剣(アイン・ソフ・オウル)』
ランク:EX 種別:対城宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:1000人
 神より賜った神造兵器。普段は鞘に収まっており使用できない。
 鞘より抜かれたその時所有者の魔力を光に変換し、収束・加速させる事により運動量を増大させ、
 神霊レベルの魔術行使を可能とする聖剣。
 太陽の加護の効果により日中においては常に魔力が回復していくのでほぼ無限に撃つことが出来る。

【解説】
惑星セレスティアルの防衛軍総司令官。正義と平和を愛し人間を守る使命を持つ勇気のあるリーダー。
性格は冷静沈着で思慮深く、真面目で実直だが意外と短気だったり。
リーダーとして責任感もあり、戦いと成れば最前線に自ら赴き指揮をとり勇猛果敢な戦士で、
敵は徹底的に殲滅する情け容赦なさを持つ。