ふとんむしの独り言|2008.06.15|イヌゴヤな週末


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


さて週末はイヌゴヤな2日間でした。

土曜日はここ最近犬小屋を賑わすいーぜネットさんを筆頭に賑やかな夜、日曜日はHARRYさんの4次転職式をはじめ、ギルドの皆さんが顔をそろえる機会がありまして。


というわけで、取り上げてくれと言わんばかりの超アピりでしたので、まずは彼から。

静かな時間にふとあらわれたかと思いきや、SHOPに駆け込みファンシーアバを装備し出した彼。何が彼をそうさせるのかわかりませんが、歩くディープインパクトと化した彼はその余りにも見違えた自分の姿を、招待を使ってログインしていた私たちに見せつけます。



と、もう「うわぁぁ」しか出てこないわけです。昼間は仏頂面のバス運転手、夜は笑顔をほたほたにして可愛い愛娘の為にヤギの着ぐるみをあえて羽織るパパの様な感じです。表現が変ですが、彼は私たちがまだ見ぬ世界へ飛び出してゆきました。

これまでの彼の姿も、あれはあれで話しかけづらいものがあったのですが、このファンシーアバ。見知らぬ人ならとりあえず3mくらい距離を置きたいなと思ったり思わなかったり。

ともかく、彼がログインしている時間帯は退屈しなくて素敵です。



ここで逢ったが3銃士。


気がつくと剣士であるソードマン、ナイトがかなり増えておりましたイヌゴヤ。ジェダイというかサムライスピリッツというか。

戦士の中でもこのソードマン系はとても育てづらく、他を圧倒する火力を得ることが出来る未来と引き換えに、その道は孤独で険しく、精神的に忍耐を必要とする職である様に感じます。それゆえ、晴れてヒーローとなるその時、その名前に負けない強さと忍耐力、優しさを備えたプレイヤーとして、頼りになる存在になっているんですよね。ネクソンもなかなか味なことをします。



折角持ち上げたのに下剋上です。




ギルドマスターに刃向うと、こうして一閃されるわけです。




と思ったらカウンターパンチ。



地獄。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。