※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プラグイン名

Acts as Authenticated

このプラグインができること

  1. ログイン画面と認証済みかどうか判定する仕組みの提供
  2. 新規ユーザ登録画面
  3. 認証メール送信
  4. ユーザ情報変更用のメソッド提供

対象バージョン

1.2系

インストール方法

  • script/pluginでsubversionリポジトリを指定


ちょー簡単な使い方

でインストールして
script/generate authenticated user account
rake db:migrate
すると、ユーザ管理用テーブルとモデル、accountコントローラーが生成される。
/accountにアクセスすると、ログイン及びユーザ登録が可能。

公式ページ


日本語解説ページ

Acts as Authenticatedまとめ
※基本押さえ

有名系だけあって解説ページも多いけど、ここが一番丁寧かも。

外国語解説ページ

  • 今のところ必要ないかも(日本語で情報が足りる)

のうはう

  • マイグレーションファイルの構造を載せておく
class CreateUsers < ActiveRecord::Migration
 def self.up
   create_table "users", :force => true do |t|
     t.column :login,                     :string
     t.column :email,                     :string
     t.column :crypted_password,          :string, :limit => 40
     t.column :salt,                      :string, :limit => 40
     t.column :created_at,                :datetime
     t.column :updated_at,                :datetime
     t.column :remember_token,            :string
     t.column :remember_token_expires_at, :datetime
   end
 end
 def self.down
   drop_table "users"
 end
end



コメント

名前:
添付ファイル