水道哲学


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

水道哲学:
「水道の水は、通行人がこれをいくら飲んでも咎められることはない。それは、量が多く、価格があまりにも安いからだ。松下の使命もここにある。水道の水の ごとく、物質を豊富に、かつ廉価に生産提供しなければならない。その結果、貧乏を克服し、人々に幸福をもたらすことができる」
http://www.geocities.jp/kanjin104/densetu3.html

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。