※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




作品概要



舞台は鹿骨市にある雛見沢村(ひなみざわむら)と呼ばれる人口2,000人に満たない寂れた村である。
過去にこの村はダム建設による村の水没を、村民の団結した行動で阻止しており、村の連帯感は今も強固である。
ダム建設計画の無期限凍結から5年後の昭和58年、前原圭一はこの村に引っ越してくる。
彼は持ち前の性格と明るさで新たな学校や友人に打ち解けていく。
しかし、そのまま楽しく平和に過ぎていくと思われた日常は、綿流し祭という祭りの日から様相を変えていくことになる。
過去4年連続で綿流し祭の日に起きたという猟奇殺人事件。
そもそも雛見沢村にはどんな秘密があるのか…
(wikiより)


舞台



岐阜県白川郷

•白川郷と公にされている
•原作の綿流し編では気候について述べる部分では岐阜県と同じ気候に一致する

関連リンク