※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ビショップ・エルダー・シリエンエルダーのヒーラー職と、その3次職のPT・戦争での動き考察です。

他職の人の参考にもなればいいかなと。

気軽に編集して意見交換できれば。


1:ヒーラー3職の違い・スキル


・ビショップ

Hu系の純ヒーラー職

ヒール系スキルを全種類覚える唯一の職です。

また、3次職のカーディナルで「バランスライフ」を習得。

他のヒーラーとの完全差別化が図られます。

無力化系スキルは、スリープが伸びます。

 

長所


GBH(グレーターバトルヒール)とリストアライフを覚えるので、緊急回復能力の高さとMPコストの良さが特徴。

※ ビショをしているプレイヤーからの注「MPコストは決して良くはありません。リストアライフも、かなりの高Lvにならなければ同Lv帯の前衛職のMaxHPと兼ね合って微妙です。ただし、C5でビショ/エルダに追加されたメジャーヒールのMPコストはかなり良いです。(そのかわり、アデナがたくさんかかります)」

槍PTやレイドのタンクPTで実力を発揮。


リザレクションLVが最高値まで伸びるので、WIT染料の増加で最高経験値復旧が90%まで伸びる。(スキル復旧70%と、WITによる補正+20%にて。)


短所


ビショップ唯一で最高の短所が「リチャージ」スキルを覚えない。

この短所とBuffが無いことで、少数PTに向かない。


Buffスキルが1次職で止まる(マイト・シールド等がLv2まで)


カーディナルになってバランスライフを覚えるまで茨の道が続くというヒーラーの中で一番の不遇職と言って過言ではないかと・・・・。

バランスライフが神スキルすぎで、茨の道を歩んできたご褒美的なスキルとなります。


戦争では、GBHが使えることを活かして、後方から緊急回復するのが役割となります。

ヒーラー全職に言えますが、ヒーラーは前線に出てはダメです。

前に出すぎた前衛さんのHPが減っていても、釣られないで我慢する事もあります。

このへんは、別途記載します。


・エルダー


エルフ系のヒーラー職


高位ヒールは「グレーターヒール」しか覚えないので、現状の仕様では不遇なのは否めません。

マイト・シールドがLV3まで伸びる。リザレクションがLV5まで伸びる。

ビショップとシリエネルダーの中間的位置づけとなります。

無力化系スキルは、スリープが伸びます。

長所


エルフの特徴である「詠唱速度が早い」「MP回復速度が早い」がヒーラー向きである。

リチャージが仕様できる事と、Buffスキルもそこそこ覚えるので、小人数PTから大人数PTまで対応できる。


短所


GGH(グレーターグループヒール)とGBHを覚えないので、緊急回復能力に劣る。

魔力が低いのでスリープの成功率に不安がある。

ヒーラー系で唯一麻痺治療スキルのピューリファイを覚えない。


・シリエンエルダー


ダークエルフ系のヒーラー職


高位ヒールはGHとGGHを習得。

Buffスキルも一通り覚える。

攻撃支援特化型ヒーラーの設定による豊富なスキルで、ペアからフルPT・範囲PTまでそつなくこなす。

現仕様で一番優遇されているヒーラー職。


長所

固有スキル「エンパワー」を覚える(これ一番のアドバンテージ)

ヒーラー系でありながらフォーカス・デスウィスパー・ガイダンス・Vレイジ等の攻撃系Buffを習得する。


短所


DE族の特徴である「詠唱速度が遅い」「MP回復が遅い」がヒーラーに向いていない。

リザレクションLVが2で止まる(復旧20%)