※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ベルリン・天使の詩


  • 監督・脚本:ヴィム・ヴェンダース
  • 出演:ブルーノ・ガンツ、ソルヴェイグ・ドマルタンオットー・ザンダー、ピーター・フォーク
  • 1987年西独=仏合作

  • なぜ僕は僕で きみでない?
  • なぜ僕はここにいて そこに居ない?
  • だれもが語る自分の詩。
  • 天使はその詩をただ聞くのみ。
  • 個人のささやきが、すべて詩となり、様々なオムニバスが流れていく。
  • 天使の見る世界は、モノクロームな本質だけだ。
  • 本質のみの世界。それは人生の中で語られていく詩の織りなす世界だ。
  • なにも触れることなく、なにも触れられることなく。
  • 暖かいコーヒーの香りすら感じない。
  • 心の囁きのみを聞き、伝えたくとも通じない。
  • 人間の世界は、カラフル。
  • 様々な表層のみ漂い、あふれる。
  • 心を刺す欺き。なにも信じられない追いつめられた心。
  • いつまでも変わらない日々をもとめる心。
  • あの時を探し続ける心。
  • 閉ざされた心は、孤独を迎えるだけだ。
  • 自らを全て受け止めることが出来ぬままに、人間をやめる。
  • あるいはこの世界へ目を閉じ、盲目なまま生きていく。
  • この映画は二つの世界をさまよわせる。なにも知らない、たとえ欺かれた世界だとしても、本質だけを知らされたままの天使は、寂しさだけを引き継いでいくだけだ。
  • 人間の世界は、依然としてただカラフルなままだが、今をいきる生命観は、表層的なものの中にこそ、見えてくる。
  • ベルリンという都市が、時間的、存在論的、叙情詩を彷彿させる。この映画は、タルコフスキー、トリュフォー、そして小津に捧げられている。00.03.20/k.m

コメントをぜひ

名前:
コメント:

カテゴリー-映画