※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神奈川県子連SLC「かながわ戦隊 県子レンジャー」規約



(名称及び事務局)
第1条 本会は、神奈川県子ども会連絡協議会シニアリーダーズクラブかながわ戦隊県子レンジャー(略称 県子レンジャー)と称し、事務局を神奈川県子ども会連絡協議会(以下県子連)事務局内に置く。

(目的)
第2条 本会は県内のシニアリーダーの相互研究と親睦交流を深めるとともに県内市町村のジュニアリーダー組織との情報交換に努め、それぞれの組織の活性化を図るとともに、子ども会活動の振興を図ることを目的とする。

(事業)
第3条 本会は前条の目的を達成するため次の事業を行う。
1.神奈川県子ども会ジュニアリーダー大会の企画運営に関すること。
2.神奈川県子ども会大会の企画運営に関すること。
3.県子連事業への参加・協力。
4.自主研修活動
5.広報活動
6.関係機関及び団体との連絡調整
7.その他、県子連より必要と認めた事業に関すること

(所属)
第4条 本会は県子連規約第20条に基づいて設置され、県子連の傘下に置かれる。

(構成員)
第5条 本会は原則として県内各市町村の推薦する18歳以上(高校卒業年齢相当)のジュニアリーダー経験者で構成する。

(役員)
第6条 本会には次の役員を置く。
代表1名、副代表3名、幹事3名、会計1名

(役員の選出)
第7条 前条の役員は総会において選出する。

(役員の職務)
第8条 役員の職務は次のとおりとする。
1.代表は本会を代表し、会務を統括する。
2.副代表は代表を補佐し、代表に事故あるときはその職務を代行する。また、後述の
各担当部会長も兼任する。
3.幹事は正副代表及び会計とともに本会の運営にあたる。
4.会計は本会の経理を担当し処理する。

(役員の任期)
第9条 役員の任期は1年とし再任を妨げない。欠員が生じた場合の後任者の任期は前任者の残任期間とする。

(顧問)
第10条 本会は、必要に応じて顧問を置くことができる。
1.顧問は本会の自主的な運営を尊重し、助言や指導にあたる。

(会議)
第11条 本会の会議は次のとおりとする。
1.総会 2.役員会 3.全体会 4.担当部会

(総会)
第12条 総会は、本会の最高決議機関とし、事業報告及び計画、事業予算及び決算、役員の選出、規約の改正ならびに会運営における重要事項を審議する。
1. 総会は年1回とし、会長がこれを召集する。ただし、会長が必要と認めた場合は臨時総会を開くことができる。
2. 総会は会員の過半数の出席をもって成立し、決議は出席(委任)者の3分の2の賛同を要する。

(役員会)
第13条 役員会は原則月1回とし、代表がこれを召集する。役員会は代表、副代表、幹事及び会計によって構成し、総会、全体会の審議事項などを整理、検討し、議案として提出する。また、運営上必要な事項について審議し、決定することができる。

(全体会)
第14条 全体会は2ヶ月に1回の開催を原則とし、役員会ならびに各担当部会での会議状況の報告、運営に必要な事項の審議、協議、会員の自主研修などを行う。

(担当部会)
第15条 本会には次の部会を設置する。
1. ジュニアリーダー大会担当部会 2.県子連事業担当部会 3.自主研修部会
(1) 代表及び会計を除く本会の構成員は上記のいずれかの部会に所属する。
(2) 各担当部会は原則、月1回開催し、副代表(各担当部会長)がこれを召集する。
(3) 担当部会は担当の事業及び企画の具体的な運営などについて審議、協議をする。

(担当部会の役割)
第16条 各担当部会の役割は次のとおりとする。
(1) ジュニアリーダー大会担当部会は、県子ども会ジュニアリーダー大会の企画をし、運営の中心を担う。
(2) 県子連事業担当部会は県子連より派遣、協力要請がある事業に関する企画、運営の中心を担う。
(3) 自主研修担当部会は、会員の資質向上及び各市町村のジュニアリーダーズクラブ、シニアリーダーズクラブとの関係づくりを図る活動の中心を担う。

(担当部会の運営)
第17条 各担当部会の運営の詳細については細則をもって別に定める。

(会計)
第18条 本会の経費は助成金及びその他の収入をもってあてる。

(会計年度)
第19条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(その他)
第20条 本規約に定めるものの他、本会の運営に必要な事項については別に定める。



附則 本規約は平成19年5月19日より施行する。