平成18年 会社法 第34問


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

平成18年 会社法 第33問                        平成18年 会社法 第35問



p.48

(3)ア改2



【解説】の2〜3行目 「株式の発行の効力が生じた日から6か月以内に訴えをもってのみ主張することができる」 を削除

▼根拠

解説から明らかです。



p.51

(11)ウ改2


問題文 「資本金の額の減少の請求」を

    『資本金の額の減少の無効の訴えの請求』 に訂正

【解説】の1行目及び2行目の

    「資本金の額の減少の請求」を

    『資本金の額の減少の無効の訴えの請求』 に訂正

▼根拠

無効の訴えに関する出題なので、上記のように訂正するのが望ましいと考えます。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。