jamバンド まとめ@Wiki ver.毎の違い


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バージョン毎の違い




+初心者モードがついた
+ギター/ベースギター アンプシミュレータ「VANDAL_SE」がついた http://www.ah-soft.com/musicmaker/vandal.html
+マルチコアCPUに対応(ASIO、ダイレクトサウンドのどちらかを使用時)
+ボカロ起動ボタンがついた


MX
+64bitOS正式対応
+ギター音源(CenturyGuitar)ベース音源(ElectricBass)、YellowTools製アナログシンセ(Lead Synth)が追加
+Drum'n'BassがLoop Designerに挿し換わった
+ソングメーカー改良(曲展開が指定できるようになった)
+Drum Engine追加
+マスタリングFXのバージョンアップ