※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目的

○○○の構成を分析することで、○○○の○○○の成果と方向性を確認する。

また、分析方法を統一することで、数字の正しい比較と業務の円滑化を図る。

分析方法

分析○○○

単一の○○○だけで○○○の取得ができ、導入も簡単なことから、○○○は○○○を採用します。

○○○は○○○も解析できるようです。

○○○に関しては、○○○では○○○がほとんど取得できないので、○○○を使用します。

分析する○○○

あまり際限なく○○○を追っても効率が悪いので、

○○○が○○以上の○○○○○○分けし、それ以外は「○○」として扱う。

といった感じである程度の○○○以上だけでOKです。

※○○○の規模によって○○○は違うと思いますので、臨機応変に。

○○○の扱い

統一の○○○に従い○○○を記入します。

○○○は各○○○の○○○の○○○に組み込んであるので、○○○などはある程度自動的で出ます。

○○○の分類について

○○○の○○○を大局的に分析しやすいように、○○○によって大きく9つの○○○に分類します。

○○○のどの部分の○○○が欠けているか、または伸びているかを確認しましょう。

○○○分類一覧

あああああ

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

いいいいい

いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

あああああ

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

いいいいい

いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

あああああ

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

いいいいい

いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

あああああ

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

いいいいい

いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

あああああ

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

○○○○○○について

○○○○○○を使用した○○○

○○○は以下の○○○に○○○を提供していますので、一括で○○○扱いにしましょう。

○○○

○○○・おもな○○○

○○○

○○○○○○○○○

○○○

○○○○○○○○○

○○○

○○○○○○○○○

○○○

○○○○○○○○○

○○○

○○○○○○○○○

○○○

○○○○○○○○○

○○○

○○○○○○○○○

○○○

○○○○○○○○○

○○○

○○○○○○○○○

○○○の使い方

○○○や○○○時に使用する主な機能だけ記載します。

○○○取得できる○○○

■○○○      … ○○○(○○○とも言う)

○○○          … ○○○が○○○した○○○数

○○○        … ○○○×○○○した○○○数

○○○の表示方法

○○○のあった○○○の表示

「○○○の○○○」 ⇒ 「○○○○○○の○○○」 ⇒ 「○○○」

○○○のあった○○○の表示

「○○○の○○○」 ⇒ 「○○○○○○○○○」 ⇒ 「○○○全体の○○○」

○○○○○○)と○○○の表示

「○○○の○○○」 ⇒ 「固有の○○○の○○○」 ⇒ 「○○○と○○○数の○○○」

○○○ごとの○○○○○○)と○○○の表示

「○○○の最適化」 ⇒ 「○○○の○○○」 ⇒ 「○○○の詳細」

○○○の合計が出ている部分は、○○○を○○○すると○○○内の数字を見ることができます。

○○○○○○変更

左○○○下部の○○○で○○○の変更が出来ます。

その横の○○○で○○○の指定も可能です。

○○○の表示方法の変更

表示された○○○上部の○○○で○○○や○○○を変更できます。

また、○○○の部分を使うことによって特定の条件での絞り込みなどが出来ます。

○○○○○○

○○○右側の「○○○」から、○○○・○○○・○○○での○○○が可能です。