|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

薬理学


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 薬物の用量反応曲線・ED50 LD50とは何か
  • 薬物受容体に関してアゴニスト・アンタゴニスト・部分アゴニスト(アンタゴニスト)、それぞれを使用した時の薬物用量反応曲線はどのようになるか。競合的アンタゴニスト・非競合的アンタゴニスト、アゴニストの用量反応曲線に対し及ぼす影響
  • 薬物感受性の変化
  • 薬物の吸収について、薬物のpHと吸収の関係、薬物の受動拡散を決める因子として主なものは何か、薬物の能動輸送の仕組みの概略
  • 薬物の生体内分布
  • 薬物の代謝の第一相反応・第二相反応
  • 薬物の排泄薬の尿中への排泄の機構



  • 細胞内情報伝達について、受容体の3種類を大別、膜7回貫通型受容体の下流で働く3量体G蛋白質と2つの効果器(アデニル酸シクラーゼとフォスフォリパーゼ C)、薬物治療に関係あるチャンネル内蔵型受容体を少なくとも3つ、チロシンキナーゼ関連受容体を介して行われる情報伝達にはどのようなものがあるか一つ例を挙げて概略を説明
  • おまけ



  • 細胞内のカルシウムのが重要な役割を演じている細胞機能の概説
  • リアノジン受容体と悪性高熱の関係
  • カルシウムチャンネルに作用(拮抗)する薬物はどのように臨床適用されているか
  • ポタシウム(カリウム)チャンネルに作用(拮抗)する薬物はどのように臨床適用されているか
  • ナトリウムチャンネルに作用(拮抗)する薬物はどのように臨床適用されているか
  • Na, K-ATPase H, K-ATPase Na/K cotransporter Na/K/Cl cotransporterそれぞれに作用する薬物にはどのようなものがあり、どのように臨床適用されているか



  • アセチルコリンについて、アセチルコリンの合成と分解、アセチルコリンの2種類の受容体と作用薬拮抗薬、これらを合わせてアセチルコリン神経伝達の仕組み
  • ドパミン ノルエピネフリン エピネフリン(カテコラミン)について、カテコラミンの合成経路と分解酵素の概略、カテコラミン受容体(アドレナリン受容体 ドパミン受容体)の種類、各受容体の代表的作用薬拮抗薬(D$ _1$受容体はのぞく)、モノアミンのトランスポーターの役割とそれらに作用する薬物を理解、これらを総合してカテコラミン神経系の仕組み
  • 自己受容体(オートレセプター)
  • セロトニンの合成と代謝
  • セロトニンの受容体
  • セロトニンの末梢での役割
  • モノアミン神経系の起始核



  • 肥満細胞からのヒスタミン ロイコトルエンの遊離機構(I型アレルギー アナフィラキシー反応)の概略、抗アレルギー作用を持つ薬物とその作用機序
  • 胃酸の分泌機構、胃酸の分泌をおさえる薬物とその作用機序
  • GABAの合成と分解
  • GABA受容体の2種類と、特にGABA A受容体に作用する薬物を3種類、GABA A受容体作用薬の臨床適用、GABA分解酵素を阻害する薬物と臨床適用
  • レニンアンギオテンシン系に作用(拮抗)する薬物とその作用機序
  • ACE阻害薬の作用機序と副作用として空咳が生じる機序
  • ニトログリセリンの薬理作用発現機序
  • エイコサノイドの生成に関わる脂肪酸(アラキドン酸)と生成酵素(PLA2)
  • アラキドン酸カスケードに関わる酵素、非ステロイド系抗炎症薬の作用点
  • 非ステロイド系抗炎症薬or NSAIDsが副作用として潰瘍形成を起こす機序
  • サイトカインとしてエリスロポイエチン・インターフェロンの臨床適用



  • 瞳孔、毛様体の自律神経支配と緑内障との関係
  • 自律神経の節前、節後神経の神経伝達がどのような伝達物質で行われているか
  • α1, α2, β1, β2, β3受容体を介する薬理作用
  • 脱分極性筋弛緩薬と非脱分極性(競合的)筋弛緩薬との作用機序の違い



  • DCI剤(脱炭酸酵素阻害薬)とl-dopaの合剤がパーキンソン治療薬として使われる利点
  • パーキンソン病で神経脱落が起こる部位と病態、各パーキンソン治療薬の作用機序
  • MAC、血液/ガス分配係数
  • 笑気の吸入麻酔薬としての特徴



  • 抗菌剤の作用機序の概略
  • 各種抗腫瘍薬の作用機序の概略
  • ヘリコバクターピロリ菌の除菌療法