機動戦士ガンダム ガンダムvs.Zガンダム@Wiki 片追い

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【片追い】
敵コンビのうち先に落ちた1機を追いかけて攻撃する事。
僚機との二機がかりで追いかける場合が多い。
「片方を追う」ので片追いと呼ばれるが、方追いと表記されることもあり、どちらが正しいという訳でもない。
可変機の登場した、エゥーゴvs.ティターンズ以降の必須テクニックといえる。

今作ではコスト補正の占めるウェイトが非常に大きく、両落ち状態では補正の恩恵を大きく受けるため、
敵低コスト機を先に2回落とす、もしくはコスト310の機体だけを落とせばコスト補正が殆ど機能せず、
片追いに成功した側がダメージレース面で圧倒的有利を作れる。詳しくは補正まとめ参照の事。

人によっては単に片方を集中攻撃する事を、片追いと呼んでいるケースもあるがあまり主流ではない。

代表的な片追い

  • 310+275に対する275狙い
コスト275の可変機は総じて機動性と援護能力に優れているが、機体のサイズが大きかったりと自衛能力はイマイチ。
そこで自衛能力に優れる非可変310機体の2落ちを狙うより、序盤から310機体から逃げつつ275機体に喰らい付いて徹底的に叩いてしまおうという戦術。
こちらの310は非可変機でも問題はないが、特にガブスレイ・アッシマー(ギャプラン)がこの戦術をとりやすい。
救援に来る敵310を上手く抑える事が出来れば一方的な試合展開となるが、攻撃の起点を作る310が敵高コストに粘着されて捕まると一気にペースが崩れるのが難点。
また、275を二落ちさせる間に敵310も適度に削っておかないと、二落ちさせた後に310に逃げられてしまい片追いした意味がなくなってしまうので注意。

  • 310+275に対する310狙い
上とは逆に310を2落ちさせる場合。310を2落ちさせたら作戦終了なので、敵275機体を削る必要は全くない。
310機体は自衛能力に優れており、275機体は(弾さえあれば)カット力が高いので上のケースよりは難易度は若干高い。