page > 067


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

編集 / 編集履歴 /タグ:
001/ 002/ 003/ 003/コメントログ/ 004/ 005/ 006/ 007/ 008/ 009/ 009/コメントログ/ 010/ 011/ 012/ 013/ 014/ 015/ 016/ 017/ 018/ 019/ 020/ 021/ 022/ 022/コメントログ/ 023/ 024/ 025/ 026/ 027/ 028/ 029/ 030/ 031/ 032/ 032/コメントログ/ 033/ 034/ 035/ 036/ 037/ 038/ 039/ 040/ 041/ 042/ 043/ 044/ 045/ 046/ 047/ 048/ 049/ 050/ 051/ 052/ 053/ 054/ 055/ 056/ 057/ 058/ 059/ 060/ 061/ 062/ 063/ 064/ 065/ 066/ 067/ 068/ 069/ 070/ 071/ 072/ 073/ 074/ 075/ 076/ 077/ 078/ 078/コメントログ/ 079/ 080/ 081/ 082/ 083/ 084/ 085/ 086/ 087/ 088/ 089/ 090/ 091/ 092/ 093/ 094/ 095/ 096/ 097/ 098/ 099/ 100/ 100/コメントログ/ 101/ 101/コメントログ/ 102/ 103/ 104/ 105/ 106/ 107/ 108/ 109/ 110/ 111/ 112/ 113/ 114/ 115/ 116/ 117/ 118/ 119/ 120/ 121/ 122/ 122/コメントログ/ 123/ 123/コメントログ/ 124/ 124/コメントログ

状態:自動翻訳

Some of us are only male and must pollinate with tree spirits, called dryads, who are always female.
我々の若干がただ男性であって、そして常に女性の dryads と呼ばれる木精霊で授粉しなくてはなりません。

We have no need for rulers or government.
我々は支配者あるいは政府の必要を持っていません。
The song of Seyotel enables all of the aldryami of a forest to make decisions by harmonising with one another.
歌のSeyotel は森林のアルドリアミのすべてにお互いと調和が取れていることによっての決定をすることができるようにします。
God Learners call this a group mind, but it is not so.
神知者はこれをグループ心と呼びます、しかしそれはそうではありません。
You would have to feel the song inside you to understand.
あなたは理解するためにあなたの中に歌を感じなければならないでしょう。
We are individuals, with personalities like our trees.
我々は名士と一緒に我々の木のように、個人です。
None of us are forced to do what the song tells us.
我々のいずれも歌が我々に話すことをすることを強いられません。
We want to do it.
我々はそれをすることを望みます。
When away from the forest, we are on our own.
森林から離れているとき、我々は独り立ちしています。
The sudden, crashing silence can be powerfully dispiriting, especially when suffered for the first time.
突然の、衝突している静寂は、初めて経験されるとき、特に、強烈に落胆させ得ます。

My Magic

私の魔術

Ask a God Learner whether Aldyra is a goddess or a spirit and you’ll suffer through a hair-splitting disquisition explaining that she is neither or both at the same time.
神学習者に Aldyra が女神あるいは精霊である、そしてあなたが彼女がいずれでもないと説明しているつまらないことにうるさい講演を通して、あるいは共に同時に苦しむであろうかどうか尋ねてください。
The short answer is that the magic she grants works like Divine Magic but feels like a spirit encounter to the aldryami.
短い答えは彼女が与える魔術が神聖魔術のようにうまくいくが、アルドリアミに精霊遭遇のように感じられるということです。

Why I Adventure

なぜ私は冒険するのか

Through bitter experience we aldryami have learned to mistrust most other races.
苦い経験を通して我々アルドリアミはたいていの他の種族を信用しないことを学びました。
A few humans live in harmony with us but most of them are like insatiable termites.
少数の人が我々と一緒に調和に住んでいます、しかし(彼・それ)らの大部分が飽くことを知らない白アリのようです。
We go out into the world when our own forests are safe but others are threatened.
我々自身の森林が安全であるとき、我々は世界の中に外に出ます、しかし他の人たちが脅迫されます。

Ever notice that nearly every adventurer you meet is an outcast from his people?
今までにあなたが会うほとんどあらゆる冒険家が彼の人々からの追放者であることに気付きます?
Why, it’s as if the profession of killing people and taking their stuff has fallen into disrepute or something!
おや、それは人々を殺して、そして(彼・それ)らの物をとることについての職業が不評か何かに陥ったかのようにです!
Who cares?
誰が気にかけますか?
Renegades have more fun, anyhow!
反逆者が、いずれにしても、もっと多くの楽しみを持っています!

─ Mavlen Madthing, Elf Mercenary of Ralios
─Mavlen Madthing 、ラリオスの妖精傭兵

A tiny fraction of us suffer a severance from our home forests.
我々のごく小さい分数が我々の本拠/交点の森林から断絶をこうむります。
These pitiful souls are the rootless.
これらの痛ましい精神は根なし草の(人たち・もの)です。
They often become renegades, who go out adventuring to ease the pain of their separation from Aldrya’s song.
(彼・それ)らはアルドリアの歌から(彼・それ)らの分離の痛みを和らげるためにしばしば冒険者のから出て行く反逆者になります。
We think of them as maniacal but those of you who adventure with them might find them usefully violent.
我々は(彼・それ)らを狂乱であると考えます、しかし(彼・それ)らと一緒の冒険がそうするかもしれないあなたの人たちは(彼・それ)らが有効に強暴であることを見いだします。
They may or may not continue to uphold the sacred duty to protect the woods.
(彼・それ)らは森を守る神聖な義務を保護し続けるかもしれません、あるいはそうしないかもしれません。

Dragonewts

ドラゴニュート

We are the dragonewts.
我々はドラゴニュートです。
For most of time you humans have been unable to understand our speech.
時間の大部分の間あなた人は(今まで)我々のスピーチを理解することが不可能でした。
Now you can hear what we say but do not always choose to listen.
今あなたは我々が何を言うか聞くことができます、しかし常に聞くことに決めるわけではありません。
We will not reveal all of our secrets here.
我々はここで我々のすべての秘密を明らかにしないでしょう。
We have learned to be wary about that.
我々はそれについて用心深いことを学びました。

My Myths

私の神話

I will try to say this in a way you will understand.
私はあなたが理解するであろう方法でこれと言おうとするでしょう。

The Infinite Dragon was the dragon biting its tail, Ourobouros.
無限のドラゴンはその尾行者、 Ourobouros をかむ竜でした。

It became the Cosmic Dragon, which is everything that is.
それは存在するすべてである宇宙竜になりました。
This was a devolution, because as soon as there is everything that is, there is its opposite, everything that is not.
これは委託でした、なぜならすべてがあるとすぐに、すなわち、その反対、そうでないすべてがありますから。
This opposite force was Orxili, the six-legged disruptor of meditations.
この反対の力は Orxili 、熟慮の6脚の disruptor でした。

The Cosmic Dragon tamed it, tore off its limbs and made it into the Cosmic Egg.
宇宙竜はそれを抑えて、その手足を引きちぎって、そしてそれを宇宙の卵に加工しました。
The Grand Ancestral Dragon hatched from it and made the knowable world and also six offspring.
先祖のドラゴンがそれから企てて、そして理解可能な世界と同じく6人の子にしたグランド。
They were the guardians of silence, secrets, being, experience, thought and spirit ─ the Ancestral Dragons.
(彼・それ)らは静寂の保護者、秘密、存在、経験、知識精霊と精霊 ? 、先祖のドラゴン、でした。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る