page > 032


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

編集 / 編集履歴 /タグ:
001/ 002/ 003/ 003/コメントログ/ 004/ 005/ 006/ 007/ 008/ 009/ 009/コメントログ/ 010/ 011/ 012/ 013/ 014/ 015/ 016/ 017/ 018/ 019/ 020/ 021/ 022/ 022/コメントログ/ 023/ 024/ 025/ 026/ 027/ 028/ 029/ 030/ 031/ 032/ 032/コメントログ/ 033/ 034/ 035/ 036/ 037/ 038/ 039/ 040/ 041/ 042/ 043/ 044/ 045/ 046/ 047/ 048/ 049/ 050/ 051/ 052/ 053/ 054/ 055/ 056/ 057/ 058/ 059/ 060/ 061/ 062/ 063/ 064/ 065/ 066/ 067/ 068/ 069/ 070/ 071/ 072/ 073/ 074/ 075/ 076/ 077/ 078/ 078/コメントログ/ 079/ 080/ 081/ 082/ 083/ 084/ 085/ 086/ 087/ 088/ 089/ 090/ 091/ 092/ 093/ 094/ 095/ 096/ 097/ 098/ 099/ 100/ 100/コメントログ/ 101/ 101/コメントログ/ 102/ 103/ 104/ 105/ 106/ 107/ 108/ 109/ 110/ 111/ 112/ 113/ 114/ 115/ 116/ 117/ 118/ 119/ 120/ 121/ 122/ 122/コメントログ/ 123/ 123/コメントログ/ 124/ 124/コメントログ

状態:自動翻訳

MAJOR CULTURES

.主要な文化


Whether you want to play a passionate Orlanthi barbarian, a logic-driven Malkioni sorcerer, a haughty Dara Happan noble, or any other human character, this chapter is for you.
あなたが情熱的なオーランス人野蛮人、論理に操縦されるマルキオンの魔法使い、ごう慢なダラ・ハッパ人貴族、あるいは他のいかなる人間の人物でも演ずることを望むかにかかわらず、この支部(教会教団の)はあなたのためです。
Use these culture write-ups to immerse yourself in your character’s myths, history, magic and reasons for adventure.
これらの文化批評記事を冒険のためにあなた自身をあなたの性格の神話、歴史、魔術と理由に沈めるために使ってください。

Remember that a person who adheres to all of the stereotypical qualities of his culture is just as much an oddball as the eccentric outsider.
彼の文化のステレオタイプ的な特質のすべてに固執する人が風変わりな部外者としてただ多くとして変わり者に過ぎないことを覚えていてください。
Most people fit some of the traits commonly associated with their nations and faiths, while departing from that standard image in other ways.
たいていの人々が、他の方法におけるその標準的なイメージから外れる間に、一般に(彼・それ)らの国と宗教と結び付けられる特徴の若干に適しています。
Glorantha claims its full share of effete, urbanised Orlanthi, wildly emotional Malkioni spellcasters and touchingly humble Dara Happan nobles.
グローランサは衰えた、都会風のオーランス人のそのフルの株、乱暴に感情的なマルキオンの呪文使いと感動的に謙虚なダラ・ハッパ人貴族を主張します。
These cultural descriptions are written from the point of view of a so-called typical member of each culture.
これらの文化的な記述はそれぞれの文化のいわゆる典型的なメンバーの見地から書かれます。
Attitudes may vary by locality or be influenced by the proximity of other faiths.
態度が地方によって変化するか、あるいは他の宗教の近接によって影響を与えられるかもしれません。
For instance, a draconised Orlanthi will tell many of the same stories as the baseline Orlanthi narrator but will use them to illustrate the virtues of EWF mysticism.
例えば、竜的オーランス人がベースラインオーランス人ナレーターと同じ物語の多くを話すでしょう、しかし(彼・それ)らをワームの友邦帝国悟法の美徳を例証するために使うでしょう。

Kraloreli

.クラロレラ人

We are the Kraloreli, heirs to a hundred thousand years of sublime tradition.
.吾らはクラロレラが民。十万年に及ぶ荘重なるしきたりを受け継ぐ者なり。
We dwell in the Kingdom of Splendour.
.吾らが居するは「光輝帝国」。
For most of our history, we have isolated ourselves from outsiders, pursuing our perfection without looking to backward foreigners.
.吾らはその歴史の大部において、外の世界から身を遠ざけてきた。蛮夷どもの嫉視を避けて我らの道をまっとうするためである。
Now we have been changed by the outside world, which has brought our ancient wisdom back to us, in a new form.
.[だが]いまや外の世界が吾らを変えつつある。この外の世界は吾らが以前に持っていた叡智を、新しい形にして吾らにもたらしたのだ。
Some of us have embraced it.
.それを受け入れたのは吾らの内でも一部だが。
Others ? your humble correspondent among them ? have fled in horror from this insane innovation, taking to the hills, to preserve our time-honoured traditions from outside taint.
.外の世界の者どもだと? 汝は恥知らずにも彼奴らとやり取りがあるというのか? 彼奴らの厭らしい愚劣な革新などというものから距離を置かねばならぬ。遠ざかれ。外の世界の汚濁から時に嘉されし吾らがしきたりを守るのだ。

My Myths

.私の神話

There is a time before our land existed but that is not interesting.
我々の土地が存在する前に、時があります、しかしそれは面白くありません。
There were entities that were bigger than gods but without inner understanding, for they were too simple to have an outside and an inside.
神々より大きかったが、内面的な理解がなかったエンティティーがありました、なぜなら(彼・それ)らは外部と内側を持っているにはあまりにも単純でしたから。
They just were.
(彼・それ)らはちょうどそうでした。

Wild Man
乱暴な男
The first of these entities changed when she developed pity.
彼女が哀れみを発達させたとき、これらのエンティティーの最初は変化しました。
She was All Encompassing She of the Before, who the peasants call Empress Earth.
彼女は全包囲であった彼女の前に、小作農が大地皇后と呼ぶ人.
She saw the mortal being called Wild Man roaming across the rocky face of her then-infertile earth.
彼女は乱暴な男と呼ばれる死を免れない生きものが彼女のその時不毛の地球の困難に満ちた顔を横切って歩き回っているのを見ました。
He had been created by the other gods, perhaps as a sort of jest, or as an ineffable expression of their collective nature.
彼は(すでに)一種の冗談として、あるいは(彼・それ)らの共同の自然の言葉で言い表せない表現として、多分、他の神々によって作り出されていました。
It does not matter.
それは重要ではありません。

Wild Man’s nature was to pair with whatever he saw.
乱暴な男の自然は彼が見たものは何ででも対になるはずでした。
He mated with stone and metal, and made dwarfs.
彼は石と金属と連れ添って、そしてこびとを作りました。
He mated with plants and foliage, and produced elfs.
彼はプラントと葉と連れ添って、そしてエルフを作成しました。
With animals, he made the hsunchen races.
動物と一緒に、彼はスンチェン種族を作りました。
With sea monsters, he sired the undersea races.
海の怪物と一緒に、彼は海中の種族を生ませました。
All of his couplings were unsuitable and brought him dissatisfaction and suffering.
彼のカプリングのすべてが不適当であって、そして彼に不満と苦しみをもたらしました。
So Empress earth took pity on him and made the serene goddess Allgiver.
それで地球皇后は彼に哀れみを感じて、そして平静な女神を慈悲の女人にしました。


  • 超訳2号、ということで、漢語っぽくクラロレラ人を描こうとして、途中で眠くなってみたり…。「光輝帝国」という語はどこかで、たぶん、RuneQuest コンパニオンで見たことがあります。クラロレラ人は変化を遠ざけるんじゃなくて、自分が遠ざかるんですね。ちょっと意外。具体的には、「いやいや結構なものですな」と受け入れるフリをして無視か。確かに洗練されてる気もする。 -- (Efendi) 2008-01-22 23:27:18
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る