※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GM では、次はPC2です

椎橋萩 は~い

GM 陸上部の部活が終わって、着替えているところとかOKですか? まぁ、着替えが必須じゃないんですが、帰宅寸前ってところで

椎橋萩 了解です

GM 夕焼けが暮れる頃、陸上部の部室に居た

GM と、浸食率お願いします

椎橋萩 1d10+31

<yumedice>Hagi-7:1D10+31=(2)+31=33

GM 秋桜花朱里「はぎちゃーん、お疲れー、今日も練習きつかったねぇ」

椎橋萩 「疲れたね…だけど……此れくらいしか…運動することくらいしか…自分を確かめられないから……」

GM 秋桜花朱里「はぎちゃん、ロマンチストというか、薄幸の美少女と言うか…うーん」

椎橋萩 「楽しいよ……其れは嘘じゃない…ロマンチストか……そうかも知れないね…だけど其れは現実から逃げてるだけかもしれない……」

GM 秋桜花朱里「まぁ、あんまり深く考えないの」ばんばんと背中を叩いて

椎橋萩 「考えてはいないよ……考えたら…きっと思考に負けて可笑しくなっちゃうから……うん…気を付けるよ」

GM 秋桜花朱里「ん、その意気その意気…あー、言った矢先に何だけど、ちょっと落ち込むかも知れない情報があるんだけど…聞く?」

椎橋萩 「……大丈夫……きっと」静かに頷きます

椎橋萩 聞きたいっていいですw

椎橋萩 いい→意味

GM 秋桜花朱里「んとね…」周りをきょろきょろと見て「ちょっと《ワーディング》しようか」と、《ワーディング》で部室内にレネゲイドの因子を散りばめる

椎橋萩 「………」ワーディングの中静かにたたずみます。表情は殆ど変りませんが雰囲気はきびしめです

GM 部室内に他にも幾人か生徒が居たが、二人には関与しなくなります

GM 秋桜花朱里「んとね…レッドキメラって知ってる?」

椎橋萩 「ううん…」首を振ります

GM 秋桜花朱里「野良犬なんだけど…結構『キテル』奴で、賢者の石を狙ってる奴って噂なんだ」

椎橋萩 野良犬って唯の犬って意味の野良犬?

GM 何処にも所属していない。エージェントでもイリーガルでもないって意味

椎橋萩 うい

椎橋萩 「………狙ってる…?賢者の石を?」激しい胸の鼓動を思わず胸を押さえます

GM 秋桜花朱里「そいつがさ、この市に来てるって話なんだよ」

椎橋萩 「厭……もう戦いは……な、何とかならないの?」

GM 秋桜花朱里「うーん…私も色々と情報を探ってみるけどね。ま、大丈夫だよ。はぎちゃんには王子様が居るんだし」

椎橋萩 「だって……胸の奥で『あいつ』は云ってるんだよ…くるなら殺しちゃえって…幾らなんでも焔迩君は巻き込みたくないよ……」

GM 秋桜花朱里「あー、もう、可愛い。守ってあげたくなっちゃう」ぎゅーっと抱きしめて

椎橋萩 「ううう……こっちは本気なんだよ…本当に……胸の其処から殺意が込み上げてくるんだよ?」

椎橋萩 其処→底でw

GM 秋桜花朱里「でも、私じゃ力不足だからねぇ。頼れるあの子が羨ましいよ」と、ちょっと寂しそうに

椎橋萩 「そんな事無いよ…朱里にはいつもお世話になってるし感謝もしてるよ……でも……」其処で言葉を詰まらせます

GM 秋桜花朱里「でも?」

椎橋萩 「ううん……何でもないよ……」其の親切が……痛々しくて儚げな感じを受ける自分を必至に否定してます

GM 秋桜花朱里「ま、気にしない気にしない。で、情報はそれだけだから。で…」

椎橋萩 「有り難う……レッドキメラだね?要するに其の人に近づかなければ良いだけだからきっと心配ないよ……きっと」

GM 秋桜花朱里「それで、はぎちゃん。あの子とはどこまでやったの?」抱きついたまま、にんまりとした笑みを浮かべながら

椎橋萩 「え?え?え~!?や、……って何云ってるんだよぉ」顔が赤くなります

GM 秋桜花朱里「白状なさい。さもないと…」わきわきと、指が妙な動きをしています

椎橋萩 エグザイルか!?w

GM いや、そこまで人外な動きじゃないんだがw

椎橋萩 「だ、だから何でもないって~」いえ異能の指先使われるかとw

GM では、ここら辺でシーンアウトしましょうかw

椎橋萩 ういw

GM シーンカット


GM 遅くなりました、PC1,お願いします

雪宮焔迩 はい

GM 時ほぼ同じくして、陸上部の部活が終わったところです

GM 男の方が着替え速いんで、先に外で待ってる、みたいな感じで宜しいでしょうか?

雪宮焔迩 構いませんよ。長い髪をいじりながら、のんびり待ってます

GM 「学校かぁ…わい、高校卒業したの、何年前かなぁ…」と、ぼやっとした台詞が君の背後から聞こえます

雪宮焔迩 「ン?」思わず振り向きますが

GM 浪花勇吾「うぃっす」ごく自然に手を挙げて挨拶をする、茶髪のショートな青年

雪宮焔迩 「ども」それは、思わず同じ挨拶を返しますね

GM 浪花勇吾「それにしても、最近はあれやな、ロマンが無いな」

雪宮焔迩 「はあ?」

GM 浪花勇吾「あれや、ハーフパンツってのか? なんでそっちになっちまったんやろうなぁ」

雪宮焔迩 「……別に、気にする事でも無いと思うけど」

GM 浪花勇吾「ロマン無いなぁ。まぁ、それはええとして、おたくも大変やな。その右手」

雪宮焔迩 「右手?」思わず見ますが、何か異変が?

GM 特に異変は無い

雪宮焔迩 「……[騙された]」

GM 浪花勇吾「《原初の炎》っちゅーんやっけ? なんでそんな大変なもんもっとんねん」

雪宮焔迩 「……アンタ、何者だ?」 初対面で言われれば警戒もします。思わず睨みますよ、紅と蒼の目になって

GM 浪花勇吾「わいは浪花勇吾っちゅーねん。ま、今日は戦うつもりはあらへんから、あんまり警戒せーへんといて」

GM ひらひらと手を振って、リラックスした姿勢で

雪宮焔迩 「先に名乗れよ……いきなりこんな話題を振られりゃ警戒して当たり前だ」 敵意が無さそうなら、此方も矛を収めましょう

GM 浪花勇吾「で、その手、いつ暴走するやもわからへんし、大変やろ。なしてわざわざ?」

雪宮焔迩 「……コレがなきゃ、守れなかったからさ。守るため、オレは取り込んだ…こんな理由でいいか?」

雪宮焔迩 ちょっと肩竦めながら、苦笑してます

GM 浪花勇吾「なるほど…そいつは大変やな。ま、わいも似たようなもんやけどな」んーっと腕と背筋を伸ばして

雪宮焔迩 「で、浪花さん。何でそんな事を聞いてくるんだ?」

GM 浪花勇吾「せやなぁ…おたくの守りたいものっての…椎橋 萩っちゅー人物か?」

雪宮焔迩 「彼女がどうかしたか?」ニッコリ笑顔

椎橋萩 1d10+33

<yumedice>Hagi-7:1D10+33=(6)+33=39

雪宮焔迩 1d10+29

<yumedice>enji-7:1D10+29=(1)+29=30(1ゾロ!)

椎橋萩 ううう…早くも嫌な予感…「焔迩…君?」ひょっこりと顔を出します

雪宮焔迩 「お、萩か。もう帰り支度できたか?」

GM 浪花勇吾「おー、彼女か。わい、浪花勇吾っちゅーねん。よろしく」

椎橋萩 「な、浪花…さんですか?」軽く視線を向けたまま一礼をします

椎橋萩 「う、うん…出来たけど……此の人は?」

雪宮焔迩 「オレも知らね。浪花勇吾さんだとさ…アッチ関係の人みたいだけど」>萩

椎橋萩 「………」静かに焔迩さんの後ろに隠れますw

GM 浪花勇吾「で、おたくが守る人ってのが彼女っつーことは」

GM 浪花勇吾「わいは、あんたの敵っちゅーわけやな」

雪宮焔迩 「敵?……そうか。なら、仕方ないな」いきなり最大技撃つつもり満々ですが

椎橋萩 「て、敵ッ!?厭……お願い近づかない…で………」無表情だった顔が明らかな恐怖を表します

GM 浪花勇吾「ま、そんな慌てんでもええっちゅーのに」彼は相変わらずストレッチをしていて

雪宮焔迩 「……この場で戦う気はない、って言いたいようだな。オレとしても、こんな場所じゃ戦いたくは無いけどさ」いつでも技打てるようにしつつ、警戒だけしてる状態に

椎橋萩 「貴方だって死にたくは無いでしょう?……私だって死にたくないし…殺したくないんです!……帰ってください!二度と……来ないで……」焔迩さんの服を無意識に握ります

GM 浪花勇吾「…悪いなぁ、嬢ちゃん。嬢ちゃんの言い分、よーわかるで? でもな」

GM 浪花勇吾「わいもな、命をとしても守りたい物があるんや。そこの兄ちゃんみたいにな」

雪宮焔迩 「そっか………だけど、オレにも曲げられないモノがある。互いに避けられないなら…ぶつかりあうしかないよな」ちょっと寂しげに苦笑してます>勇吾

椎橋萩 「守る為に…奪うなんて……矛盾してる……此のパラドックスも真理なの…?」

GM 浪花勇吾「ま、そうゆーわけやな。さて、わいはそろそろ帰るわ。あー、そうそう、卑怯なことはせぇへんから、その点は安心しといてええわ」

雪宮焔迩 「その言葉だけは信じるさ。わざわざ、顔を出したくらいだしな……敵にならずに済む道が見つかるよう、祈っておくぜ」

椎橋萩 「……一方的に…喧嘩売るのは卑怯でないの?私達は戦いたくなんて無いんだよ?勝っても何の意味も無いんだよ?」

GM 浪花勇吾「まー、そいつに関しては悪いと思ってるわ。けどな、わいの大切な物と、嬢ちゃんの命じゃ、わいの中では天秤がつりあわへんねん」

GM 浪花勇吾「…ま、そろそろおいとまさせてもらうわ。ほなな」

雪宮焔迩 「ああ……会いたくはないけど、またな」

GM 浪花勇吾は悠々と背を向けて歩いて帰っていく

椎橋萩 「二度と来ないで……」表情はありませんが明らかな殺意をまとっています

GM と、シーンをカットして良いかな?

雪宮焔迩 はい
椎橋萩 了解です

GM では、シーンカットします