WikiBibliography of English Language Studies wak

Top(この書誌の目的など)



WAK...**


Wakimoto, Kyoko. 脇本恭子. 2012. 「Richardsonの小説に見る否定表現としての合成語」. 『岡山大学大学院教育学研究科研究集録』 149: 33–42.

Wakimoto, Kyoko. 脇本恭子. 2011. 「Richardsonの小説におけるun-派生語の考察」. 『岡山大学大学院教育学研究科研究集録』 147: 69–79.

Wakimoto, Kyoko. 脇本恭子. 2009. 「否定表現から比較するAustenのPride and Prejudiceと RichardsonのPamela」. 『岡山大学大学院教育学研究科研究集録』 14: 43–54.

Wakimoto, Kyoko. 脇本恭子. 2007. 「RichardsonのPamelaにおける悪態語-FieldingのShamelaとJoseph Andrewsと比較して-」. 『岡山大学教育学部研究集録』 (Bulletin of Faculty of Education, Okayama University), 135, 95–107.

Wakimoto, K. 2006. "Oaths, Imprecations and Other Blasphemous Formulas in Goldsmith's She Stoops to Conquer and Sheridan's The Rivals". 『岡山大学教育学部研究集録』 (Bulletin of Faculty of Education, Okayama University) 131: 79–91.

Wakimoto, Kyoko. 2004. "How Did They Call Each Other?: Speaking Names and Terms of Endearment/Abuse in Goldsmith's She Stoops to Conquer". 『岡山大学教育学部研究集録』 (Bulletin of Faculty of Education, Okayama University) 126: 137–147.

Wakimoto, Kyoko. 脇本恭子 1999. 「18世紀英国小説の伝達部についての一考察--FieldingのJoseph Andrewsを中心として--」. Studies in Modern English 15: 65–91.

Wakimoto, Kyoko. 脇本恭子. 1996. 「SheridanのThe_Rivalsの言語についての一考察-下層階級の言語を中心として-」. 『英語英米文学論集』 5: 123–134.