ドクオは高校一年生のようです8


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

742 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 23:25:10.46 ID:Kg+QYcGd0

           ※


(;'A`)「やべ、何か不気味だな……」

誰も居ない廊下を歩く。
まるで、この学校に俺一人しかいないような感覚が、俺に襲い掛かる。

(;'A`)「怖くない、怖くない」

まだ夕方だし、そもそも幽霊なんて非科学的なものがあってたまるか。

(;'A`)(ま、それを抜きにしても、さっさと取ってさっさと追いつこう)

いささか早足で、俺は教室へと向かった。
もちろん、背後を振り向いたりしてないよ。

だって、何か……いたら嫌だしね。
気のせいだと思うけど、何か視線感じたしNE!



743 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 23:27:02.05 ID:Kg+QYcGd0

('A`)「えーっと、誰もいないよな……」

1-Aの教室の前で、立ち止まる。
少し、息切れしたか。

ま、まぁ決して怖くてドキドキしていたわけでは無い。


「……なんじゃないか」
「いや……は、ない」

('A`)「ん?」

中から、誰かの話し声が聞こえた。
先生でも残っているのだろうか。

俺は、そっとドアについた窓から、中を覗き込んだ。


747 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 23:29:44.90 ID:Kg+QYcGd0

( ・∀・)「……だよ」

川 ゚ -゚)「いや、私はだな……そういう……」

教室にいたのは、モララーとクーの秀才コンビだった。
俺とは、あまり面識の無い二人だ。

(;'A`)(まずったなー。気まずくて入れねぇ……何か真剣な話してるし)

俺は、ばれないようコッソリ様子を伺いながら、その場で待機する。

……なんだ、この家政婦は見た! 的なポジションは。

確かに、ちょっとwktkしてるけどね。
決して覗き見の趣味があるわけじゃ(ry


751 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 23:32:27.11 ID:Kg+QYcGd0

( ・∀・)「じゃあ、僕は帰る。その事に関してはまた後日」

川 ゚ -゚)「わかった」

モララーは、踵を返すと教室のドアへと向かう。

(;'A`)(やべっ!)

俺は急いで、隣の1-Bへと非難し、身を隠した。

廊下を歩く、モララーの足音が耳に響く。

バレてないよな……?


('A`)「行ったか……」


足音が消えるのを確認し、俺はそっと1-Bから出る。




754 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 23:34:52.89 ID:Kg+QYcGd0

川 ゚ -゚)「もう隠れなくていいのか? ドクオ」

('A`)「ああ。何とかやり過ごせたよ」

ふー、やれやれ。
こういうのは、例え見るつもりが無くても、当事者からしたら気分悪いしな。

('A`)「円滑なクラス関係を保つのも、一苦労だぜ」

川 ゚ -゚)「そうか。ところで、君は何をしに来たんだ?」

('A`)「あ、ノートだ、ノート。ノー……」


後ろを、振り向く。
おかしい。この声は、誰の声なんだ?


('A`)「ノォー……」


川 ゚ -゚)「……ん?」

思いっきり、当事者であるクーにばれていた。



758 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 23:38:47.64 ID:Kg+QYcGd0

(;'A`)「ご、ごごごごごごめんよぉぉぉ!!!
     別に、の、覗き見した訳じゃなくて、偶然!そう偶然居合わせちゃったっていうかごめんなさい!!」


俺は、後ろへ飛びのきながら土下座をする。

バックフライング土下座。
サラリーマンであるトーチャンが、修羅場時にカーチャンに使っていた奥義だ。

川 ゚ -゚)「いや、謝られる筋合いはない。別に、私は隠すつもりもないし、君に聞かれて困るような話じゃない」

('A`)「え、あ、そ、ソウナンデスカ」

川 ゚ -゚)「それより、ノートとはこれのことか」

クーが、机に無造作に広がっていたノートを手に取る。

('A`)「あ、うん。ソレです」

クーは1、2ページほど俺のノートを読み、


川 ゚ -゚)「醜い」


厳しい評価を下した。



766 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 23:43:58.96 ID:Kg+QYcGd0

ショックでけぇ……
スイーツξ゚⊿゚)ξミセ*゚ー゚)リ共に悪口を言われるのは、もう慣れたけど、
あんま喋った事無いクーに、第一声に醜いって言われるのはキツイ。


('A`)「はは、どうせ俺はミニクインデス」

川 ゚ -゚)「? いや、ノートの事だ。何だこの回答だけを書いたノートは。
     プロセス……過程を書かなければ、ノートとしての役割にならん」

('A`)「え? あ、ああ、ノートか」

川 ゚ -゚)「他に何がある?」

(;'A`)「い、いや何でもない。勘違いだった」

俺は、ほっと胸をなでおろした。

川 ゚ -゚)「とにかく、ここに座れ」

('A`)「え?」

川 ゚ -゚)「ノートの再構築を行う。
     こういうのは、徹底的に管理しないと済まない性分なんでな」

クーは、自分のノートを取り出し、並べてみせる。


769 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 23:46:52.63 ID:Kg+QYcGd0

川 ゚ -゚)「早くしろ。さっさとしろ、今すぐはじめるぞ今すぐに」

(;'A`)「は、はい!」

何故か、やるとも言ってないのに、ノートの再構築をする事になってしまった。
さっきのクーの表情が、凄く怖かった。
俺、ちょっとちびりそうになったぞ。

川 ゚ -゚)「いいか、ここは……」

('A`)「は、はい」

どうやら、逃げられそうに無い。

すまん、ブーンとその他俺の友よ。
俺は、蜘蛛の巣にかかってしまったらしい。


772 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 23:51:12.80 ID:Kg+QYcGd0

……1時間後。


川 ゚ -゚)「違うぞ、ここは、こうやって解くんだ」

(*'A`)「……」

川 ゚ -゚)「おい? 聞いているのか?」

('A`)「あ、う、うん」

川 ゚ -゚)「さっきから集中が切れているな。何かあったのか?」

いや、だって……。
さっきから、クーの体が密着している訳で。

それに、さらさらの長い髪の毛が、俺の頬に当たってくすぐったいし、
女子特有の、甘い香りが……



774 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 23:52:12.06 ID:Kg+QYcGd0

('A`)「あwせdrftgyふじこl」

川;゚ -゚)「どうした? 頭、大丈夫か?」

('A`)「あ、う、うん。大丈夫デス」

心臓と、色々下半身がやばいけどね。


落ち着け、素数を数えるんだ俺……!!

~ドクオ脳内~

('∀`)「ぽにゅんぽにゅん。
    クーの体柔らかいのうwwww柔らかいのうwwww」


だー!!!
あかん!!

/('A`)\「煩悩退散!煩悩退散!!」


~脳内終わり~


778 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 23:57:15.55 ID:Kg+QYcGd0

それから、下半身のぼるけいのうwwwwに必死に打ち勝つべく、
ガムシャラにノートの再構築をし、

('A`)「お、終わったー」

川 ゚ -゚)「よし」

ノートの構築を終わらせた。

('A`)「あー、疲れたー」

うーん、と背を伸ばす。
時計を見ると、もう7時半だ。

川 - )「……」

(;'A`)「あれ? ど、どうしたの?」

ふとクーの方を見ると、頭を抱えて、どんよりとした空気をかもし出している。



779 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 23:59:47.46 ID:Kg+QYcGd0

川 ゚ -゚)「ドクオ……す、すまん!!」


クーが、行き成り頭を下げて謝罪し始めた。

('A`)「え?」

川 ゚ -゚)「本当にすまん……私の悪い癖がまた出てしまったようだ……。
     いや、私はドクオのノートみたいに、中途半端な物を見ると、つい完璧に直したくなってしまうんだ」

(;'A`)「え、あ、うん」

川 ゚ -゚)「勝手に色々押し付けてしまってすまない……。
     あぁ、もう七時半だと!? な、なんて事だ。私は一時間以上も、君から時間を奪っていたというのか……!!」

('A`)「あ、いや、そんな奪うなんて(ry」

川 - )「すまない……。煮るなり焼くなり好きにしてくれ。
     時間を返すことは出来ないが、せめてもの償いに……」

(;'A`)「わー、わー!! 落ち着け!!」

784 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/28(金) 00:05:06.22 ID:hLyPS3Wj0

俺の頭の中で、天使と悪魔が戦い始めた。
好きにしていいだと!? それは何てエロゲ!?

落ち着け、これはリアルだ。現実なんだ。


(;'A`)「いや、クー。俺はよかったと思うよ?
     すげぇ勉強になったし、ほら、ノートもこんなに整理されたし」

川 - )「……本当か?」

('A`)「もちろんだって! だから、謝られる筋合いなんて無いよ。
    だって、ほら、俺は気にしてないからさ」

川 ゚ -゚)「……本当に本当か?」

('A`)「ああ、本当に本当だ」

俺は胸を張って、そう答えた。

川 ゚ -゚)「……ありがとう。怒っているんじゃないかと、気がかりだったんだ。
     そう言ってくれて、ホッとしているよ」

(*'A`)「い、いや、そんなでへへ」


786 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/28(金) 00:08:26.05 ID:hLyPS3Wj0

クーは、笑顔を俺に向ける。
冷たい表情が、少しだけ柔らかくなった。

その俺に向けられた笑顔が、あまりに魅力的過ぎて、俺の心臓は爆発寸前だ。


川 ゚ -゚)「じゃあ、また明日学校でな」

(*'A`)「う、うん」

クーが、教室を出ようとする。
まて、これはチャンスじゃないのか!? このままでいいのか俺!?


1「外暗いし、送っていくよ」
2「また明日」



作者「11111111111!!!!!!!!!!」


791 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/28(金) 00:10:15.95 ID:hLyPS3Wj0

('A`)「そ、外さ、く、暗いよね?」

川 ゚ -゚)「ん? あぁ、そうだな」

(;'A`)「お、俺帰り道、その、一緒に行かない!?」

川 ゚ -゚)「え?」

(;'A`)「お、おおおお俺がおくくおくおく(ry」

川 ゚ -゚)「何だって? 奥の細道?」

ち、違う……。
肝心な時に、言葉が出てこない。

ガンガレドクオ。男を見せる時だ……!!


794 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/28(金) 00:12:10.09 ID:hLyPS3Wj0

(;'∀`) 「……また明日」

川 ゚ -゚)「ああ。じゃあな」


俺は、クーの背中を見送り、その場に立ち尽くした。


('A`)「……」

('A`)「……」

お腹、へったな。

('A`)「帰るか……」

今日の夕飯、何だろうな。

('A`)「楽しみだなー」




799 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/28(金) 00:14:39.66 ID:hLyPS3Wj0

俺は、一人むなしく帰宅する。
暗い通学路を、たった一人で歩く。

('A`)「あーあ、あーあ!! あぁぁぁぁ――フラグ折れた!!折ーれた!!」

電柱に八つ当たりするが、逆に蹴った足が痛くなってしまった。

('A`)「何やってんだろう、俺」



その日の夕飯は、鶏肉のから揚げだった。


('A`)(テラチキンwwwwwちくしょう、うめぇwwwww)