ドクオは高校一年生のようです


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 12:40:23.77 ID:Kg+QYcGd0

桜舞い散る春うらら。
今日はVIP高校の入学式だ。


('A`)「おっす」

(´・ω・`)「おはよう」

( ^ω^)「おはようだお!」

('A`)「……」

( ^ω^)「いよいよ今日から高校生だおねww超wktkだお」

(´・ω・`)「そうだね。中学レベルの勉強ともやっとおさらば出来て嬉しいよ」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 12:45:06.85 ID:Kg+QYcGd0

( ^ω^)「お? ドクオどうしたお? 元気ないお」

('A`)「お前ら、なんでそんな元気なんだよ……。緊張とかしねーの?」

(´・ω・`)「ドックンはチキンで人見知りだもんね」

('A`)「チキンは余計だ」

( ^ω^)「大丈夫だお。成せば成る、なされば何とかって言うお!」

(;´・ω・`)「ブーン、使い方間違えてるよ。成せば成る、っていうのは正式には」

('A`)「あー、嫌だ行きたくない」


そんな話をしているうちに、VIP高校の正門が見えてきた。
俺達と同じように、不安と期待を抱いた新入生達が沢山集まっている。


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 12:49:19.05 ID:Kg+QYcGd0

( ^ω^)「うはwww人がめっちゃいるおwww」

(´・ω・`)「まずはクラス表を見ないとね。すいません、どいてくださーい。
      通りまーす。おい、どけやカス」

ショボンを先頭に、人ごみを裂き、掲示板に張られているクラス表を見に行く。

(´・ω・`)「あ、僕とブーンは同じクラスだね」

( ^ω^)「まじかおwwwwてか、ドクオも一緒だお! やったお!」

(´・ω・`)「都合のいい設定だ」

( ^ω^)「何の話だお?」

(´・ω・`)「いや、こっちの話さ。なんでもない」

前の方で、ショボンとブーンがなにやら歓喜している。
俺はというと、人並みにさらわれて、未だに後ろで押し競饅頭をしていた。

('A`)「ちょ、ちょっと通してください……ぎゃ、ぐっわ!」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 12:54:16.84 ID:Kg+QYcGd0

( ゚∋゚)「邪魔でゴワス!」

('A`)「うわっ」

ξ゚⊿゚)ξ「きゃっ!」

(;'A`)「ご、ごめん」

マッチョに弾き飛ばされ、女子に思い切りぶつかってしまった。

ξ゚⊿゚)ξ「痛ぁ……。ちょっと、何すんのよ! 転んじゃったじゃない!」

(;'A`)「ご、ごごごごごめんなさい」

ξ゚⊿゚)ξ「ごめんですんだら警察いらないんですけど!
     それに、その態度は何? 謝る時は人の目を見て謝れって教わらなかったの?」

(;'A`)「あ、あ、あの本当にごめ」

ξ゚⊿゚)ξ「あんたみたいな、さえない根暗男とは一緒のクラスになりたくないわ!」

('A`)「……」

そう言い残し、ツインテールの女子は去っていった。


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 12:57:49.15 ID:Kg+QYcGd0

( ^ω^)「ドクオー! 僕達、三人とも一緒のクラスだお! やったお!」

('A`)

( ^ω^)「どうしたんだお?」

(´・ω・`)「なんだか、いつにもまして元気がないね」

('A`)「俺、死んだ方がいいかな」

(;^ω^)「ちょwwww何があったか知らないけど元気出すお!
       生きてればきっといい事あるお!」

(´・ω・`)「葬儀ならウチに任せな。安くしとくよ」

(;^ω^)「ショボン! その冗談、ドクオだと本気で受け止めかねないからやめとくお!」

(´・ω・`)「ははは、冗談冗談。ま、元気出せ。人生山あり谷あり地獄あり、だ」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 13:04:48.75 ID:Kg+QYcGd0

初日から鬱だ……。
果たして、俺は三年間、まともな高校生活を送れるのだろうか?

そんな不安を胸に、俺達は教室(1-A)へと向かった。


(;'A`)「うわ、何かこのドアすげぇ開けにくい……」

(´・ω・`)「絶対、中では元中の奴ら数人だけが喋ってて、後は携帯いじってたり俯いてたりしてるって。
      新クラスの初日ほど気まずい空気ってのは無いよね」

( ^ω^)「もー、二人とも早く入るおwwwブーン、いきまーす!!」

ブーンが勢いよくドアを開ける。

( ^ω^)「おはよー………ござい、ます、お」


( ゚∋゚)「……」
( ・∀・)「……」
( ^Д^) クッチャクッチャ

ξ゚⊿゚)ξ「でさー」
ミセ*゚ー゚)リ「うんうん」

(;><)

从 ゚∀从「ケッ」
川 ゚ -゚)「……」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 13:07:46.93 ID:Kg+QYcGd0

一言で言うなら、気まずい。
流石のブーンも、その雰囲気に押され、黙り込んでしまった。

(;^ω^)「と、とりあえず席を確認して、座るお」

(;'A`)「お、おおおおおう」

(´・ω・`)(今、ここで素っ裸になってびっくりするほどユートピア! と叫びながらケツを叩いたら
      どんな反応が返ってくるんだろう。ああ、やりてー。でも日本は規制が厳しいからな……)

俺は、黒板に張られた座席表を確認する。
俺の席は……げ、前の方じゃん。

おまけに、ブーンとショボンとも近くねぇ。



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 13:10:57.13 ID:Kg+QYcGd0

('A`)「……」

とりあえず、席に鞄を下ろし、辺りを確認する。

ξ゚⊿゚)ξ「……ん」

('A`)「あっ」

目が合った。
同時に、体がびくっと震える。

ξ゚⊿゚)ξ「……」

(;'A`)「……」

数秒ほど鋭い眼光で睨まれ、俺は身動きが出来なくなる。
しかし、すぐにプイっとそっぽを向いて、また隣の女子と話をはじめた。



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 13:16:16.20 ID:Kg+QYcGd0

            ※


そんな気まずい空間が続き、ようやく救いの時がやってきた。

( ´_ゝ`)「ごほん」

スーツを着た、先生らしき人が教室に入ってくる。
そう、ホームルームが始まるのだ。

ざわついていた教室は、一瞬で静寂になった。

( ´_ゝ`)「えー、ごほん。皆さん、はじめまして」

ξ゚⊿゚)ξ「結構若いじゃん。そこそこ池面だし」
ミセ*゚ー゚)リ「ねー。ラッキーかもー」


女子のささやきが、聞こえてくる。
確かに身長も高く、女子に人気のありそうな、若い先生……


(*´_ゝ`) 「びっくりするほどユートピア! びっくりするほどユートピア!
       はい、よーうじょ! スーツを着て自転車にまたがる男、兄者です!よろちくビーム百八式!!」



教室の時が、止まった。


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 13:17:33.55 ID:Kg+QYcGd0

ξ;゚⊿゚)ξ「……」
ミセ*゚ー゚)リ「……は?」

(;'A`)
(;^ω^)「うわっ」


( ´_ゝ`)



(´・ω・`)(こいつ……出来る!)



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 13:21:22.35 ID:Kg+QYcGd0

( ´_ゝ`)「あ、はい。えー、このクラスを担当する兄者です。
       まだまだ若輩者ですが、皆さん一年間よろしくお願いします」

兄者先生は、一転テンプレ的な自己紹介をする。
いや、明らかに受けなかったから路線変更しただろアンタ。

( ´_ゝ`)「はい、このクラスは静かでいいねー。いいよ先生そういう真面目な生徒好きだよ。
       とりあえず最初だし、自己紹介でもしてもらおっかなー」

有無を言わさず、兄者先生はホームルームを進める。


ξ;゚⊿゚)ξ「……無い、かな。ミセリ、あんたに譲る」
ミセ*゚ー゚)リ「あ、いえいえ。ツンこそ、どうぞどうぞ」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 13:26:24.17 ID:Kg+QYcGd0

( ´_ゝ`)「そこぉ! 死後は慎め☆ なんちゃってwww」

……静寂

( ´_ゝ`)「あぁ……はい、すいません。今のは先生が悪かった」

……静寂

( ´_ゝ`)「うん、早く自己紹介しろよ端っこの奴! 空気よめよ!!」

(;><)「あ、ぼ、僕ですか!? ごめんなさいです!」

どう見ても八つ当たりです。本当に(ry

恐ろしく悪い空気の中、自己紹介が始まった。


( ><)「初めまして! ラウンジ中出身のビロードです!
      趣味はバスケットで、中学はバスケ部でした! 高校でもバスケ部に入ろうと思ってます!
      よろしくなんです!!」

('A`)「おぉ……」

自己紹介を終えると、恥ずかしげに席に座るビロード。
その見事な自己紹介に、教室にそこそこ拍手が沸いた。

('A`)(すげぇ、あの空気を正常に戻した……)



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 13:29:53.97 ID:Kg+QYcGd0

ξ゚⊿゚)ξ「ねぇ、どお? 性格は悪くなさそうだけどね」
ミセ*゚ー゚)リ「ちょっと身長が小さいかな。あと、女々しそう……55点くらい?
      友達止まりって感じかな」

うわぁ……。
俺の隣で、そういうヒソヒソ話はやめてくれぇ……。

(#'A`)(点数つけるとか失礼だろ常考。てめーは何様だコラしゃぶれや!)

俺は心の中で、罵倒しといた。うん、心の中でね。

( ´_ゝ`)「はい、じゃあ後ろの人ー」

( ^ω^)「あ、僕だおwwwうっし! 自己紹介するお!」

ブーンが元気良く立ち上がる。


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 13:33:59.40 ID:Kg+QYcGd0

⊂二二二( ^ω^)二⊃「ブーンだおーwwww」

その場で手を広げ、一回転するブーン。

( ^ω^)「ひろゆき中出身のブーンだお!
       中学の時は帰宅部ですおwww皆よろしこだおwwwうはwwwおkwww」

( ´_ゝ`)「ブーン君? えーっと、最初のブーンっていうのはなんだい?」

⊂二二二( ^ω^)二⊃「ブーンwwwww」

⊂二二二( ´_ゝ`)二⊃「ぶ、ブーンwwwおおwwなんか面白いよこれ!
             凄いよブーン君、君天才だよコレwwwww」

( ^ω^)「ぱくらないでほしいお」

( ´_ゝ`)「ごめん」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 13:37:20.08 ID:Kg+QYcGd0

教室に、僅かだが笑いが漏れた。
ビロード君の自己紹介に続き、どんどん空気が柔らかくなっていく。

ξ゚⊿゚)ξ「うーん、ピエロ役かな」
ミセ*゚ー゚)リ「盛り上げ役って感じだよね。もてない方の」

あー、うぜぇぇぇぇぇぇ!!
さっきから勝手な批評ばっかしやがって!!

(#'A`)(ブーンの事、てめぇらのチンケなものさしで図るんじゃねえよ!
     てめーにブーンの何がわかるってんだカス!! 氏ね!!十回市ね!!!)

俺は心の中で、隣の女子二人を罵倒し、土下座させた。


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 13:42:03.49 ID:Kg+QYcGd0

(*´_ゝ`)「よーし、いいよいいよー!! 次いってみようかー!!」

兄者先生が、ハイテンションで次の人を指差す。

( ^Д^)クッチャクッチャ

( ´_ゝ`)「はーい、次はそこでガムかんでる君だよ♪
       ほらほら、そんなダラーっとすわってないで胸張っていこうZE!」

( ^Д^) 「うぜぇな……少しは黙れよ先公。さっきからうるせーんだよ」

(;´_ゝ`)「ごめん、先生が悪かった。うん、いいよ、お好きにどうぞごめん殴らないでやめて」

柔らかかった空気が、張り詰めた。
だるそうに椅子に寄りかかっていた男子が、立ち上がる。

(;^ω^)「うわぁ……大きいお」

(;'A`)(でけぇ……てか怖っ)

身長は180を軽く越えていて、体格もかなり大柄である。
何より、耳につけられたピアスと、じゃらじゃらした指輪が目に付いた。