製作メモ_(テストプレイ)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 「鍛冶」スキルか「銀細工」スキル(デフォルト名称。DKSでの名称は不明)を持っている場合に、種別が「インゴット」のアイテム(現在はジェネリックストーンのみ)を使用することで、アイテムを武具に加工できる。

種類 必要スキル 備考
鍛冶武器 鍛冶 名称は「(製作者の名前)ブレイド」になる
鍛冶盾 鍛冶 名称は「(製作者の名前)シールド」になる
鍛冶鎧 鍛冶 名称は「(製作者の名前)アーマー」になる
銀細工 銀細工 名称は「(製作者の名前)の銀細工」になる

  • 一定確率で加工に失敗することがある。「熟練」スキルによって失敗を防げる。
  • 「鍛冶」スキルを持っている場合は、鍛冶武器か鍛冶盾か鍛冶鎧のいずれかのアイテムとなる。
  • 「銀細工」スキルを持っている場合は、銀細工のアイテムとなる。
  • 「鍛冶」「銀細工」スキルの両方を持っている場合は不明。
  • 加工後武具の性能と価格はランダム。
  • 商人系クラスはスキルがなくても全鍛冶製品を装備できる。
    • 「短剣術」のスキルを持っている場合、一覧には表示されないが「鍛治武器を装備できるようになる」スキルも一緒に持っている?
    • 鍛治武具装備可能のスキルは、今のところ一覧に表示されていない。将来的にどうなるかは謎。

武器の場合

攻撃 防御 下取価格
+1 +0 30
+2 +0 60
+3 +0 200
+4 +0 500

防具の場合

攻撃 防御 下取価格
+0 +1 30
+0 +2 60
+0 +3 200
+0 +4 500
+1 +1 110

銀細工の場合

攻撃 防御 下取価格
+1 +1 100
+2 +2 500