※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

初出

  • 『百合姫Wildrose Vol.6』(2010年8月発売)……巻頭です!

あらすじ

  • 菜穂は真性のレズビアンであることに孤独を感じていた。が、有(あり)と他の女子がいちゃついているのを見て、彼女たちが自分と同じレズビアンであることを心強く思うようになる。
  • 菜穂は有と仲良くなるために、プレゼント等をするようになる。ところが有といちゃついていた女子が有に、菜穂のことを「自分たちのことを真性のレズビアンと勘違いしているのでは」と話しているところを聞いてしまう。
  • 女の子を好きな有はいないのだ。ショックに打ちのめされる菜穂。しかし有は菜穂を探し出し、菜穂の反応を見るために、わざと菜穂の前で女子といちゃついて見せたのだと話す。
  • 菜穂に告白し、愛撫を始める有。菜穂は、これから今まで誰ともできなかった恋の話をし、恋人として関係を育んでいくのだと幸せに満たされる。

みどころ

  • コメディタッチではあるが、セクシャルマイノリティの心細さがきちんと描かれている。

Amazonで購入