※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

初出

  • 『恋愛美人if』2007年6月号

あらすじ

  • 編集者のカヨは、文学賞を射止めた新鋭作家・二塔を担当している。
  • 実は二塔というのは、双子の兄妹・搭次と塔子の共同ペンネーム。そしてカヨは、塔次と恋人同士だ。
  • 一方で塔子に大しては苦手意識を抱いていたカヨ。しかし塔次の執筆中、塔子に部屋に招かれ、誘惑されるまま性的関係を持ってしまう。
  • カヨは塔子にも好かれたいと思っている自分に気付き、罪悪感を抱く。塔次と塔子、どちらの誘いも断れず、どちらとも関係を重ね続ける。
  • これではいけないとカヨは決心し、2人の前で二股を掛けていることを告白する。だが塔次も塔子も知っていた。「どちらも好きです――」カヨに恋した2人は、その言葉をカヨに言わせたかったのだ。
  • エンディング。受賞作であった『class 4 dorothy』は、実は自分がモデルの作品であったと知り、カヨは驚く。

みどころ

  • ヤングレディースでありながら、レズセックスシーンを描いた意欲作。

Amazonで購入



電子書籍で購入