幻影の夏 虚言の零 (一発ネタ)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


――――それは夏の暑い夜。

あたしは自分の部屋に入ったその瞬間、“その匂い”に気付いた。
それと同時に、部屋の中央、明かりの消えた真っ暗闇の中で…何かが蠢いた。
ソレは、大きな丸いものを……例えるなら『人の頭ほどの大きさの何か』を鷲掴みにし…
ソイツは……黒い貌の“何か”は…鋭い牙を突き刺し、食い千切り、その中身を貪り喰っていた…


ごくごくと―――

ごくごくとその液体を飲んでいた。
飲み込む以上の赤い水を、ソレは両目からこぼしていた。
だから足りない。
幾ら飲んでも満たされない。

「キ、キキ、キキキキキ……………!」

赤い涙を流しながらソレは笑った。
黒翼がはためく。
黒い眼がにじり寄る。
ぼたぼたと赤い液体が零れていく。

「………………………」

あたしは無言でソレに歩み寄ると…………

その後頭部に向けて、テーブルの上の手帳を思いっきりぶん投げた。


「スイカくらい普通に食べなさいよっ!!」


ある夏の、暑い夜の事だった……

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。