Zero/stay night ルイズとランサーの英霊通信3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ルイズ「ルイズと!」
ランサー「ランサーと~」
 カレン「カレンの」
  「「「英霊《サーヴァント》通信!」~」」
 ルイズ「この世の理は即ち速さだ!三千院ルイズよ!」
ランサー「サーヴァントのランサーだ......」
 ルイズ「―――何よ、言いたい事があるならはっきり言いなさい」
ランサー「いや、いいんじゃないか?
     もうこのコーナーのお嬢ちゃんは本編とは全く別の『三千院ルイズ』っていう新キャラってことで」
 カレン「中学二年生とは思えない枯れた境地ですね、この駄犬は。
     そんなことより、さっさと私の紹介をして下さらないかしら?
     本当、気が回らない使い魔を持つと気苦労が絶えませんわね、ルイズさん」
 ルイズ「ホントよね。ホラ、さっさとシスターの紹介をなさい、このバカ犬」
ランサー「んなコト言われてもだな、オレは一応アニメ版準拠のセイバールート後から召喚されてる設定なんだから、
     こんなエセシスターなんざ知るわきゃ無えだろ」
 カレン「あらあら、それでは一から躾け直さないといけないようですね。
     本当、こんなコト何度もしたくは無いんですけど――――」
ランサー「のわあぁッ!何だこの布ーーーー!」
 カレン「ウフフフフフフ.......その布は『男性』を縛る聖遺物。アナタでは抜け出せないですよ」
 ルイズ「ソレいいわねシスター、私もそういうのが欲しかったわ」
 カレン「よろしければお譲りしましょうか?」
 ルイズ「え?いいの?」
 カレン「ええ。私にはこの新装備『万能聖骸布《マグダラボルグ》』がありますから」
ランサー「ムッ、ムムム、ムムムムムムムムム(ちょ、何だ、マグダラボルグって)!」
ギーシュ「あの~、そろそろボクの紹介もして貰えたら、嬉しいのだが......」
 カレン「ああ、ゴメンなさい。私とした事が、駄犬の躾に夢中になってしまって。
     それでは改めまして、ゼロ魔世界三大かませ犬の筆頭、ヘタレ・オブ・ヘタレ、ギーシュ・ド・グラモンさんです」
ギーシュ「グハぁッ!」 カレンのこうげき!ギーシュに98のダメージ!
 ルイズ「だめよシスター、そんな言い方」
ギーシュ「ああ、ありがとうルイズ!
     さあ、彼女にボクの素晴らしさを教えてやってくれたまえ!」
 ルイズ「アニメ版のモット伯も含めて四大でしょ!」
ギーシュ「ひでぶっ!」 ルイズのこうげき!ギーシュはしんでしまった!
 カレン「あら、でもあのヒトは別段カマセ犬というわけでも無いのでは?」
 ルイズ「まあ、アニメ版ではそうだったけどね。
     本スレでは出る度ボコボコにされて、邸宅ごと壊滅するのもしょっちゅうだから、
     カマセ犬の一人としてカウントされてるみたいよ?」
ランサー「ひでー話だなオイ」
 ルイズ「あれ、いつの間に拘束を抜けたの?」
ランサー「ああ、ガンダールヴってのは本当にスゲぇな。
     タイころじゃあ、バカ王子と二人がかりでやっと拘束を破れてたんだが」

 カレン「やっぱり記憶があったようですね、この駄犬は。
     まあいいでしょう。これ以上脱線していても仕方ありません。
     それではヘタレさん、本題に入って下さい」
ギーシュ「も、もはや名前さえ――――
     と、とにかく今回はボクのワルキューレの話なんだが......」
 ルイズ「ああ、アニメ版のアレね。確かにアレは無いわよね」
 カレン「?何の話ですか」
ギーシュ「それが、ボクのワルキューレなんだが、アニメ版ではいわゆる『青銅色』だったんだよ」
ランサー「青銅色ってアレだろ?青みがかった淡い緑色。
     つっても、あの色って緑青、要は錆びの色じゃねえのか」
ギーシュ「ああ。そうなると、ボクはわざわざ酸化した状態の青銅を錬金してるコトになるんだよ。
     それで、原作ではどうなってるか確認しようとして、作者は兎塚エイジの『Zero』を購入したんだけど、
     1巻の唯一ワルキューレが描かれている挿絵、原画はカラーのはずなのに、白黒で収録されてて......
     何故だ!『タバサの冒険』は白黒だった挿絵もほとんどカラーで掲載されてたのに!」
ランサー「それは......なぁ?」
 カレン「純粋に人気の差でしょうね。彼女は下手をすればルイズさん以上に人気がありますから」
   「「ぐはぁっ!!」」カレンの全体攻撃!ギーシュはしんでしまった!ルイズはしんでしまった!
ランサー「あー、もうちょっと言い方ってモンがあんだろ......」
 カレン「まあ、この程度であんなにダメージを受けるなんて、可愛らしいですね。ウフフフフフフ......」
ランサー「――――まあいい。それより今回は他にも連絡事項があるんだから、話を進めるぞ。
     まず、投下休止中に話題になってたサーヴァントのクラス別能力についての話だ。」
 カレン「あら、あれだけ住人諸氏に不快な思いをさせておいて蒸し返すなんて。
     本当、性格が悪いですね。フフフフフフフ」
ランサー「いや、アンタに言われたか無ぇだろ。
     それがな、コンプ3月号の別冊付録『TYPE-MOON PHANTASM2008』に収録されてる
     『奈須きのこ×虚淵玄OVER20,000WORD INTERVIEW』で、セイバーの騎乗スキルが上がってる件について
     『切嗣のマスター補正』だと発言があった。つーワケで、召喚したマスターで左右されるってので間違いないみてえだな」
 カレン「まあ、自説が正しかった事をわざわざ声高に喧伝するなんて、まさしく厚顔無恥な振る舞いね」
ランサー「正式な回答が出たから報告しただけだろ!何でそんなになじられなきゃいけねえんだ!
     大体、それはオレじゃなくって作者だろうが!」
 カレン「それもそうですね。
     もっとも、本当に責任があるのは、Fate本編でステだけ変えてクラス別能力を変えるのを忘れていたどこぞの菌糸類――――」
ランサー「ソレ以上は言うな!」
 カレン「あら、私何か言いました?言ったとしたら、それは私に取り付いた魔が喋っていたのでしょう。
     気にしてはいけませんよ、ウフフフフフフ」

ランサー「......ったく、誰だよコイツ喚んだの。
     あーもう兎に角、次だ。以前作者が投下した白レン小ネタのタイトルについてなんだが」
 カレン「ああ、あの『ついカッとなって書いた。今は反省している』とか言うアレですね。
     まあ、キチガイという比喩はあながち間違いでも無いですね。
     作者がテンパっている時は、障害者手帳を給付されてる精神障害者をして、
     『キミって精神障害者みたいだよね』と言わしめる程の挙動不審っぷりですから」
ランサー「それは単に作者がビビりなだけだろ。
     大体、アレは単なる使い捨てのネタで、wikiに登録されるなんて思ってなかったらしいからな。
     登録されてるのを見て、一応『MELTY BLOOD Familiar of Zero』とかいう、
     まんまなんだかオサレなんだか、よく判らねえタイトルを考えてたらしいんだが」
 カレン「だったら、キチガイと言われる前に、タイトルを変更してもらうようお願いすればよかっただけの話でしょう?」
ランサー「いや、その時はまだ白猫の人の投下が始まってなかったんで、
     タイトル決定でかぶったりしたら迷惑だろうと思って放置してたらしい」
 カレン「そして、忙しさにかまけて忘れていた、と?そんな事情、知った事ではありません。
     その上、白猫の人のせいにするなんて、恥知らずにも程がありますよ、この早漏」
ランサー「だー!話が進まねぇだろ!
     とにかく、作者としては、白猫の人の投下も本格的になってるんだから、
     いっそwikiから削除してもいいんじゃないかと、そーいうコトらしい」
 カレン「それもまた身勝手な話ですね、せっかく登録してくださった方がいらっしゃるというのに。
     タイトルを変更すればいいだけの話でしょう?」
ランサー「......なぁ、アンタは結局どうしたいんだよ?」
 カレン「勿論、貶められて苦悩する人間が見たいだけです」
ランサー「ホントにタチ悪ィな!
     ああもう、起きろ嬢ちゃん。オレとコイツだけじゃ話が進ま無ぇ」
 ルイズ「――――ハッ!ラ、ランサー?!
     アンタ、何で技名が『レッド・ブランチ+ルーン名』なのよ!英語か古アイルランド語かドッチかにしなさい!」
ランサー「何の話だ!これ以上話をややこしくするなよ!」
 カレン「と言うワケで、あの小ネタについては、住人の皆さんにお伺いを立てたいと思います。
     1、このままキチガイを晒し続ける。
     2、『MELTY BLOOD Familiar of Zero』とかいう、ワケ判らないタイトルに変える
     3、いっそのことwikiから削除
     皆さんの意見をお聞きした上で、次回の英霊通信で決定したいと思います」
ランサー「勝手に話まとめにかかってやがる......
     オイ、坊主も起きろ。もう終わっちまうぞ」
ギーシュ「うぅ......そ、それでは、ボクの華麗な真・ワルキューレの活躍する次回をお楽しみに(ガクリ)」
 ルイズ「真って言うからには、悪魔めいた翼を出して、UFOみたいに飛行するのかしら?」
 カレン「甘いですよルイズさん。火星まで飛んで行って、生命を生み出すぐらいはやってくれないと」
ランサー「オマエら、さんざんカマセ犬呼ばわりしといてそれは無えだろ......」
 ルイズ「ダメよランサー、あんまり私を怒らせちゃ......
     私のエクスプロージョンは108式まであるわよ」
ランサー「じょ、嬢ちゃん?」
 カレン「あらあら、どこか変な平行世界の電波でも受信しているようですね」
 ルイズ「そんなに見たいんなら、見せてあげるっ!エクスプロージョン3式!
     出ろォォォォォォお!スぅロォォォォォォネッ、ドライ!ガァンダァァァァァァぁム!」
ランサー「何だその赤い粒子を巻き散らしてる機械人形は!虚無魔法とか言うレベルじゃねえぞ!」
 カレン「ソレ以前に、あの呼び出し方ではマイスターではなくファイターですね」
 ルイズ「私というものがありながら、別な女の子とイチャイチャいちゃいちゃしてッ......
     死んじゃえーーーーーー!」カチッ
ランサー「だから、それはエクスプロージョンじゃなくて粒子ビー――――」

   ズオォォォ.........ン

 カレン「むしろココは古谷徹Voで次回予告をすべきですが......
     まあいいでしょう。それでは次回の英霊通信でお会いしましょう。ウフフフフフフ」
ランサー「まだ、出る気かよ......(バタリ)」

終われ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。