Zero/stay night タイガー道場ハルケギニア出張版 その2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タイガ「タイガーーー!道ーーー場ーーー!」
イリヤ「ハルケギニア出張ばーーーーん!」
ルイズ「なっ!ま、またココなの?......って、アレ?確かに前にも来た気がするんだけど」
イリヤ「ああ、ココの記憶は本編に戻ると無くなるみたいね」
タイガ「そ~う!まさに意識と無意識の狭間の小部屋なのよ~♪」
ルイズ「ソレなんてトリニティ・ソウルよ......」
タイガ「ああ、いいわねソレ!ちょうど私たち3人いるし。
    そうね、やっぱりルイズちゃんは私のコトをタイガ姉ちゃんと呼びなさい!」
イリヤ「それは(アナタの死亡フラグとして)いいけどタイガ、その配役だと私が二重人格になるの?」
タイガ「ちょーどいいじゃない。イリヤちゃんの中にはアイリさんもいるんだし。
    それに三人ともペルソナ(のようなもの)持ってるじゃない!」
ルイズ「ペルソナ(のようなもの)って?」
イリヤ「私はバーサーカー、ルイズはランサーとして、タイガは何なのよ?」
タイガ「ふっふっふ、ついに私のペルソナを見せる時が来たようね。
    トラドラぁぁぁぁぁッ!」
   ボガァァァァァァァァン
  「「キャァァァァァァァ!」」
ルイズ「こ、これがペルソナ(のようなもの)の力......!」
イリヤ「チっがーうわよ!タイガ、ソレってタイころの△+Rで出せる特殊攻撃じゃない!
    大体、ペルソナっていうのは伝説上の神様とかがモチーフなんだから。
    ホンモノを見せてあげるわ!ヘラクレェェェェエエス!」
バサカ「■■■■■ーーーーー!」
イリヤ「さあ、ルイズもペルソナを!
    ランサーでもスローネでもアラストールでも何でもいいから!」
ルイズ「なッ!最初の2つはともかく、最後のは喚んだら死ぬから私!」
タイガ「ふっふっふ。末期の祈りは済んだかしら?
    バサカでは私に勝てないってこと、教えてあげるわ!」
ルイズ「何、この強大な魔力......!」
イリヤ「アレはタイガーボール!まさか――――」
タイガ「フッフッフ......今よりアナタたちが挑むのは無限の虎竹刀、虎竹刀の極地。さあ、魅せてあげるわ!
    『無限の虎製《タイガーアポカリプス》』!!」
   ズガガガガガガガガッガガ!
  「「ぐはぁーーーーー!!!!」」
イリヤ「バ......バーサーカ~~~~~!」
バサカ「■■■■■ーーーーー......」光の粒子(ry
ルイズ「こ、これがペルソナの力......」バタリ
イリヤ「いや、絶対違うから......
    て言うか、DEAD ENDで来た相手を、さらにDEADさせてどうするのよ、馬鹿タイガ......」ガクリ
タイガ「ああ、しまった!ダメよ、しっかりしてルイズちゃん!まだヒントすら出してないのに~!
    とにかく、勿体無くても令呪を使うのよ!今のルイズちゃんじゃランサーさんは止められないんだから。
    わかった?!わかったら返事をしてルイズちゃん、ルイズちゃ~~~~~~ん!!」

データをロードしました。

  >1、令呪で止める
   2、何も、出来ない......
   3、直接、私が止める!


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。