※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
まあ、今後何かがあったときのため、戦闘用(?)にチューニングしてみる。使うかどうかわかりませんが…。護衛用設定に+400して、部下調達。

  • 使用キャラクター
名前:ユーキ・ユーラ (11才)
2000 + 4900 = 6900
使用恩典:(および証拠記事名、番号)
  • 白いオーケストラ 恩典 1000
  • TT作戦夜の部 参加賞 600
  • TT作戦昼の部 参加賞 600
  • 緑のオーケストラ 参加賞 300
  • 緑のオーケストラ 問6参加賞 200
  • Aの魔法陣による新年会 200
  • ホワイトデー招待セッション 400
  • コージ・コウの脱出 1200
  • 芝村教室 400

RPB:85 (コージ・コウの脱出)

原型:Aマホファンタジー+ターニの帰還 少年期
生まれ:漁師
信仰:星の神 アブタマル
旅の動機:
  • 大事なものが盗まれており、これを取り返しに旅に出た。
  • それは家族に関することが原因である。

性別:(女)(現実的で計算高い)
基本属性:(陰謀大好き)(根回しが得意)
性別+精神:(女+陰謀大好き)(なぜか同性からは人望があり、指導者としての才覚がある)
副属性:(豪快)(二言目には友情という)

設定:
マーカの漁村に生まれた。
母はものごころついたことにはおらず、漁師の父親とまわりの人々に育てられた。
特に隣に住むアブタマルの熱心な信者である老人にはなついており、その影響でアブタマルの信者になった。
父親のリーダーシップを受け継いだ勝気な少女であり、周りの少女たちのリーダー格をしていた。
発育が良く体が大柄で、声が大きい。また、根回しも大得意である。
エーさんとは昔からの友達で、仲良しグループの先生役であるエーさんを尊敬するとともに、体の弱いエーさんを心配していた。エーさんが好きだと言っていたコージとうまくいきそうな状況と聞いてとても喜んでいたが、かわいそうな結果に終わって心を痛めている。我慢して死体をチェックして回ったところ、コージらしき死体がないことに気がついて、家族も同様のエーさんのためにコージを探すことを決意した。
しかし、旅立ちの前に怪しげな人物たちが現れた。様子がおかしい。もしや、コージの情報が手に入るかも、と護衛にもぐりこんでみることにした。そこで、賢者たちと出会うことで、忘れていた記憶を思い出す。そうだ、私は実は悪の秘密結社セプテントリオンと戦う世界移動者だったんだ!
護衛任務終了後、アブタマルの子孫であり偉大な巫女姫でもある母の実家へ向かい、跡を継ぐ約束と引き換えに部下20名を受け取り、アルフフォリアへ歌姫たちを護衛する旅に出る。

得た追加設定:
0. (2000) 絶技:魔法感知、対抗魔法。
1. (2600) 絶技:対抗魔法、対抗魔法。実は美形だった。
2. (3200) 絶技:対抗魔法、対抗魔法。仲の良いNPC(父親)
3. (3800) 絶技:対抗魔法、対抗魔法。仲の良いNPC(隣に住む老人)
4. (4400) 絶技:対抗魔法、対抗魔法。実は実家が大金持ちで権力を持っていた。名も知らぬ母親が実は…。
5. (5000) 絶技:対抗魔法、対抗魔法。実は有名人の子孫だった。
6. (5600) 絶技:(保留)、(保留)。実は記憶をなくしていた。
7. (6200) 絶技:(保留)、(保留)。実は悪の秘密結社セプテントリオンと戦う世界移動者である。
8. (6800) 絶技:(保留)、(保留)。実は実力者でかなりの部下がいる(合計で根源力20000相当)。

今回の判定単位:500
(原成功要素:配分比:能力:要素数:成功要素)
体力:1:650:1:体力・貝拾いで培った粘り強さ
知力:2:1300:3:知力・計算高い、知力・指導力、知力・現実的な判断力
知覚・器用:1:650:1:知覚・器用・魚捌きで培った刀捌き
魅力:1:650:1:魅力・強情そうな口元
素早さ:1:650:1:素早さ・岩場を駆け巡る素早さ
幸運:2:1300:3:幸運・チャンスを逃さない、幸運・星の神の加護、幸運・友人に恵まれる
技能:2:1300:3:技能・戦術知識*、技能・用兵技能*、(ブランク)

注:*印=世界移動存在としての知識

二軍:
体力・年の割りに大柄な体
知力・根回し得意
知力・異文化コミュニケーション能力
知覚・器用・繕い物で培った指先の器用さ
知覚・器用・魚捌きで培った刀捌き
知覚・器用・天候変化に過敏
知覚・器用・人の表情を読むのがうまい
技能・説得能力
技能・裁縫技能
技能・周辺地形知識
技能・読み書き計算
技能・操船技能
技能・マーカ地方の伝承
技能・世界の謎知識*
技能・白兵技能*
魅力・鮮やかな赤毛

魅力・強い意志の宿った瞳
魅力・大きくよく通る声
ボーラ・絡む
ボーラ・投げる
硬い革鎧・衝撃吸収
小剣・突く
小剣・砕く

保有絶技:
【魔法感知】
【対抗魔法】11 (能力補正 11000 / 500 = 22)

マウント装備:(5つまで)計600 (+20000+500)
硬い革鎧(300) 金貨40 硬い革鎧・受け止める
青銅の小剣(300) 金貨15 小剣・切る *新規購入
部下(20人)(根源力1000*20)
羊鳥(500) 金貨100

保持アイテム(羊鳥に載せてます):計1300
青銅の小剣(300) 金貨15 小剣・切る 予備 *新規購入
ボーラ(錘付き投げ縄)(200) 金貨40
たいまつ(200) 銀貨1
ロープ20m(200) 金貨2
涼しい服(子供用)(200) 金貨1 普段着
手作り弁当(200)

所持金:金貨98枚 (根回しに100使用)
重量:60(軽荷)
移動速度:慎重:通常:急速:全力
移動速度:1:2:4:8
ダメージ:大成功:成功:中間
ダメージ:(7200)(14):(3600)(7):(1800)(4)

NPC(父親):ユーキ・ミーツ

原型:ファンタジー・中年期
A.性別 (男):経験豊富で取り乱さない
B.基本属性 (元気):心の奥底には正義が漂っている
C.A+B (男+元気):元気に振舞うのがうまく、人望がある
D.副属性 (豪快):友情のためにどんな危険もいとわない

根源力:1000+(4900/2) = 3450 判定単位:500
体力: 2 (690) 1 個 【漁師生活で鍛えた体】
知力: 1 (345) 1 個 【駆け引き上手】
知覚・器用: 1 (345) 1 個 【鑑定眼】
魅力: 1 (345) 1 個 【沈着冷静な雰囲気】
素早さ: 1 (345) 1 個 【漁師のバランス感覚】
幸運: 2 (690) 1 個 【シオーネアーラの加護】
技能: 2 (690) 1 個 【レムーリア地理】

生まれ:9.行商
旅の理由A:7.相続争いに脱落して旅に出た。
旅の理由B:6.それは家族に関することが原因である。
信仰:8.光の女神 シオーネアーラ

習得絶技:
  • 約束:かあちゃんに何があっても娘は守るという約束をしたらしい
  • かばう

設定:
行商人の3男坊に生まれ、16の頃兄弟との相続争いに嫌気がさして旅に出た。
家を出る代わりにもらった金であちこちを巡り珍しい産物を手に入れては売るということをしていた。
その噂を聞きつけて、貴族や富豪から注文をうけることもあった。
そんなときに、ユーキ・ユーラの母親と出会い恋に落ちたが、身分違いのために反対を受け、思い余って駆け落ちをした。
数年都市部に身を潜めて苦しいながらも幸せな生活が続き、ユーキ・ユーラが生まれた。
しかしやがて、母親は家族に見つかり連れ戻されてしまう。
ユーキ・ミーツはユーキ・ユーラも連れ去られてしまうことを恐れて都市部を離れ、流れ流れてマーカに住み着いた。
お試し期間も随分昔に済み、今ではすっかりマーカのリーダー格として活躍している。

所持金 200枚

NPC(隣のおじいさん):ヤーマ・ヨーウ

原型:ファンタジー・中年期
A.性別 (男):引退していて悠々としている
B.基本属性 (優しい):慈愛の人である
C.A+B (男+優しい):趣味の世界では有名な人物である
D.副属性 (繊細):細かいところを気にする

根源力:1000+(4900/2) = 3450 判定単位:500
体力: 1 (345) 1 個 【旅で鍛えた体】
知力: 1 (345) 1 個 【物語を記憶する記憶力】
知覚・器用: 2 (690) 1 個 【良く聞こえる耳】
魅力: 2 (690) 1 個 【悠々自適な雰囲気】
素早さ: 1 (345) 1 個 【】
幸運: 1 (345) 1 個 【星の神の加護】
技能: 2 (690) 1 個 【レムーリアの伝承知識】

生まれ:吟遊詩人
旅の理由A:ひどい身分に落とされていて、逃げ出した。
旅の理由B:それは恋愛に関することが原因である。
信仰:星の神 アブタマル

習得絶技:
  • 伝承の歌
  • 真実の目
  • 魔法感知
  • 対抗魔法

設定:
昔は一世を風靡した吟遊詩人であったが、恋愛トラブルから都を追われ、さまざまな場所を流転してマーカへたどり着いた。
引退し、このままマーカに骨を埋めようかと思っていたが、孫のようにかわいがっていた隣の娘ユーキ・ユーラが旅に出るというので、ついて行くことにした。

初期所持金:金貨50枚



カテゴリ: [儀式魔術] - &trackback- 2006年06月29日 00:09:32

#blognavi
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|