※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
mixiから転載。

式神A-DIC β4があるのでなんとなく作ってみました。
コネクションはロジャーで元親友(幼馴染)ということで。
色気は全くなし。

  • 原型主人公
名前:弓月梓 (ゆづきあづさ)
A.性別:女 ボーイッシュで活動的
B.主属性:元気でバカ 運動神経が良く体力があるが、弱いものを見捨てられない
C.A+B:負けず嫌いで勝負好き。しかも勝負に強い。
D.副属性:炎の魔術を使える。射程は100m。

根源力:2000
捜査:1:200:【勝負強い勘】
身体:3:600:【カモシカのようにたくましい足】【投擲が得意な腕】【人並み外れた反射神経】
魔法:3:600:【爆薬合成】【発火能力】【炎制御】
精神:1:200:【弱いものいじめが嫌い】(【負けず嫌い】)
外見:1:200:【焔色の髪】(【気の強そうな黒い瞳】)
知識:1:200:【爆薬知識】

  • 原型式神
A.非人型 獣(キメラ)
B.ふだんは何か(ペンダント)に封じられている
C.A+B:自動的に使い手を守る
D.白兵:最高時速200kmで走り、力はダンプカー3台分

根源力:2000
捜査:2:400:【鋭い嗅覚】【夜目】
身体:3:600:【怪力】【怪力】【高速移動】
魔法:2:400:【変化】【瞬間移動】
精神:1:200:【数百年を過ごしてきた落ち着き】
外見:1:200:【数種の獣が混ざり合った異形】
知識:1:200:【錬金術知識】

式神能力:
《吠えろガウラ》:超音波攻撃
《守れガウラ》:敵と対象の間に瞬間的に現れて盾となる
《砕けガウラ》:対象を物理的に破壊する
《走れガウラ》:対象を乗せて高速移動
《追えガウラ》:対象をその匂いを辿って追う

設定:
火之迦具土の子孫にして、錬金術師パラケルススの末裔を名乗る一族に連なる者。だが、本人は中学生になるまで知らなかった。弓月は母親の旧姓。母の胎内にあるときに父親が死に、一族の過酷なイニシエーション儀式を嫌って逃げ出した母親と各地を転々としてきた。

修学旅行先の宿が火災を起こし、火に巻かれて危機に陥ったとき、潜在していた火を操る能力を発現した。この能力の発現と共に、その髪が焔の色に染まった。駆けつけた母親はそれを見て覚悟を決め、父親の形見を渡してその血筋と能力について語った。

父の形見として渡されたペンダントは、パラケルススが持っていた剣の砕けたものであり、それに宿っていたと言われる悪魔らしきものが封じられている。ライオンとゴリラが混ざったようなキメラの姿をしており、これを式神として使役している。その真の名は忘れ去られており、ペンダントの模様からガウラ(白蝶草)と名づけられた。本人(?)は嫌いらしい。

能力の発現と共に、色々なトラブルに巻き込まれることになるが、本人は元気でバカなのであんまり気にしてないようである。まあ、なんとかなるんじゃないの?が口癖。

なお、幼少の頃、謎の忍者学校に通ったことがあり、そこで変な日本かぶれのアメリカ人少年と気があって親友と呼びあう仲になったことがある。ちなみに、相手は梓のことを少年と勘違いしていたようである。今でもボーイッシュでジーパンとTシャツを愛用していて、母親が嘆いている。弱いものいじめがだいっきらいで、負けず嫌いのため、無類の喧嘩っぱやさを誇る。

ちなみに好きな食べ物は、母親の焼くアップルパイ。甘いものはあまり好きではないが、これだけは好き。外でアップルパイを食べては文句を言う。「うちの母親の焼くアップルパイには勝てないね」と。


カテゴリ: [Aの魔法陣] - &trackback- 2006年10月13日 12:38:17

#blognavi
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|