※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


4番手…とその前に?
スプーン@蓮華> 「うっわー・・・」
GENZ@征矢野正樹> 「げほごほ。うわ、ホコリっぽい!」
樹@ジュリ> 「ぎりぎりってとこだねぇ(笑)」
那限逢真@オーマ> 「遺跡の修復が大変そうだな……」
スプーン@蓮華> 「正樹くんには蹴られないようにしよう。うん」
GENZ@征矢野正樹> 「いたたた。ちょっと足いたい」
十五夜@SD> じめっとした空気が暗がりから立ち上ってきます
スプーン@蓮華> 「でた。学者」
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 「確かに・・・・・・・ですが、これで先に進めますわね(げほげほ」
那限逢真@オーマ> 「ガスがあるかもしれないから、すぐには行くな」
十五夜@SD> 扉が飛んだせいか、確かにほこりっぽいですね
十五夜@SD> さて、次の順番です。

GENZ@征矢野正樹> 「樹液踏むのもいやだ!(ブルブル」
スプーン@蓮華> 「なんか湿気っぽいね」(肘を避けた関係で埃被ってない)
十五夜@SD> スプーンさん質疑応答どうぞ10分で
スプーン@蓮華> 私かー
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 「ええ・・・・・・・とりあえず、先に進みましょう・・・・・・アイテムを取ってこないと」
樹@ジュリ> 「(ちゃっかり離れて位置にいたので埃はかぶってない人)」
十五夜@SD> 残り難易度142
スプーン@蓮華> えーと、地下で目的の遺物を探す。の難易度は?
GENZ@征矢野正樹> 「ローラースケートは脱いで…と」
那限逢真@オーマ> 「(松明を入り口付近に差し出して)毒ガスはなさそうだな……」
十五夜@SD> 松明はあるんでしたっけ
スプーン@蓮華> たいまつもってますよー
那限逢真@オーマ> 私も持ってます
GENZ@征矢野正樹> (くんくん)「変な臭いはちょっとするね。なんだろこの臭い」
十五夜@SD> ふむ、到達まで20、遺物捜索に10ってとこですかね
睦月@アヤメ・ヤツハシ> まだ一つありますね~
樹@ジュリ> 「まぁガスの種類によっては底の方にたまってることもあるから注意してね。」
スプーン@蓮華> 合計で30か
GENZ@征矢野正樹> 「前にかいだことがあるような…」
スプーン@蓮華> どうしましょうかねぇ
十五夜@SD> RPB+10>ジュリ、アヤメ、正樹、オーマ

那限逢真@オーマ> 二人で71は削らないといけないんですよね……
樹@ジュリ> んー…
睦月@アヤメ・ヤツハシ> うむ・・・・・
那限逢真@オーマ> 「何の臭いか、思い出せる?」
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 「注意をして進まないと・・・・・でも時間も大切ですわね・・・・」
十五夜@SD> さて、みなさんまだ扉の前にいるんでしたっけ?
那限逢真@オーマ> 「……なんか、嫌な予感が……」
那限逢真@オーマ> 一応は
樹@ジュリ> 進んではいませんねぇ。自分ちょっと離れてますが。(保身)
睦月@アヤメ・ヤツハシ> ええ>扉の前
スプーン@蓮華> 「うーんどうしたものか」
十五夜@SD> がしゃん、と音がして、部屋の周りにたたずんでいた彫像が動き始めます
GENZ@征矢野正樹> 「キノコじゃなかったかな」
GENZ@征矢野正樹> 「うわ、こっちも!」
那限逢真@オーマ> 「モンスター!?」
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 「何ですの!?」
スプーン@蓮華> 「あ。動く彫像だ!」
十五夜@SD> がっしゃんがっしゃんがっしゃん
樹@ジュリ> 「へ?何?」
スプーン@蓮華> 「ってやばいやばい」
十五夜@SD> いや、それはさすがに(苦笑)
那限逢真@オーマ> ギャルゴイル?
スプーン@蓮華> 「ん?よく見ると・・・」

十五夜@SD> 彫像かと思っていたのは…
十五夜@SD> 骨っぽい姿の、兵士
十五夜@SD> 7体ほどがこちらに突進してきます
GENZ@征矢野正樹> 「なんだ、中身空っぽ…ってうわあ!」
樹@ジュリ> 7Σ!
那限逢真@オーマ> 骸骨兵か
スプーン@蓮華> 「骸骨兵!」

十五夜@SD> さて、誰に行くのかな…
那限逢真@オーマ> 「突く武器は効かないぞ! 中身がないんだから!!」
十五夜@SD> 1. アヤメ、2. ジュリ、3. 正樹、4. スプーン、5. オーマ、6. 師匠 7D6 → 3 + 1 + 6 + 4 + 4 + 2 + 6 = 26
十五夜@SD> 「ち、扉が開けられると動き出すタイプのやつか」
GENZ@征矢野正樹> 「き、来たっ!」
スプーン@蓮華> 「なんだ。人がどうしようか悩んでいるときに!」
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 「(剣を構えます)」
那限逢真@オーマ> 「戦闘はあまり強くないんだけどなぁ……」
スプーン@蓮華> 「・・・」(騎兵刀をすらりと抜きます)
十五夜@SD> 正樹に1体、アヤメに1体、師匠に2体、スプーンに2体、ジュリに1体
樹@ジュリ> 「(投げ短剣準備)できるだけがんばってみる。余裕あったらフォロー回ってね」
スプーン@蓮華> 「こっちは二体か・・・・・・ふん」
GENZ@征矢野正樹> 「俺防御くらいしかできませんよ!(悲鳴」
スプーン@蓮華> たすけてー
那限逢真@オーマ> 「……オレは無視か。運がいいんだか、悪いんだか……」
睦月@アヤメ・ヤツハシ> かばうを使用したいけども俺のところにも来てる~(泣
樹@ジュリ> えっとこれは受動ですかね…?
十五夜@SD> P*骸骨兵の攻撃を回避せよ:難易度8(一体当たり):判定単位200:前提 回避に役立つもの
十五夜@SD> 受動です

那限逢真@オーマ> つか、折角絶技に回避があるのに!!
GENZ@征矢野正樹> なんというw>絶技・回避
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 神のいたづらだ・・・・・・・w
那限逢真@オーマ> 落盤に遭い続けたせいで習得した絶技なのに……(泣
スプーン@蓮華> あはははは。ダイスの女神は気まぐれですね
樹@ジュリ> 骸骨兵は扉の近くにいたんですか?
那限逢真@オーマ> 女神に愛されているのか嫌われているのか微妙な所だなぁ……(苦笑
十五夜@SD> 扉のあった部屋の壁にびっちり立ってました
GENZ@征矢野正樹> よくよく攻撃を受ける日ですw
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 行動宣言 剣で敵の攻撃を受け流したのち絶技【かばう】でレンカをかばいますの難易度は?>SD
スプーン@蓮華> 「ふぅ。こっちは任せろ!二体くらい余裕だよ」
十五夜@SD> 2人分で3体、24になりますね
GENZ@征矢野正樹> 「うわうわうわ!」
那限逢真@オーマ> 「……なんだか取り残されたような気分だなぁ」
睦月@アヤメ・ヤツハシ> うむ・・・・・・では行動宣言 剣で敵の攻撃を受け流したのち絶技【かばう】でレンカを狙う敵一体からかばいますの難易度は?>S
スプーン@蓮華> ピンチですねぇ。絶技使うかな
十五夜@SD> 2体で16
樹@ジュリ> 鎧、盾の成功要素は体数分加算されるんですよね?確か。
十五夜@SD> 受動で絶技は使えませんね
スプーン@蓮華> あ、そうでした>受動で絶技
十五夜@SD> はい<鎧盾は体数分加算
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 大跳躍とかばうをダブルキャストさせることはできますか?>SD
樹@ジュリ> (まぁこっちは一体なんだけど(・ω・)
十五夜@SD> ダブルキャストは成長しないとダメです
那限逢真@オーマ> (最も有利な能力があって、敵がいない……(号泣)
睦月@アヤメ・ヤツハシ> うむ・・・・・・・・そうですよね
十五夜@SD> (運がなかったねぇ)
スプーン@蓮華> 「オーマくんは今回待機ね?」
GENZ@征矢野正樹> またも被照準…orz
樹@ジュリ> 逢真さん…( ・ω・)
睦月@アヤメ・ヤツハシ> ・・・・・・・・・オーマさん(゜ーÅ) ホロリ
那限逢真@オーマ> 「……部屋の中でも調査してます。罠を発動させない程度に」
十五夜@SD> まあ、きっとオーマ君は扉のあたりを調べていて、みんなそれを見ながら回りでうろうろしてたんだよ
樹@ジュリ> de,
十五夜@SD> 宣言どうぞー

睦月@アヤメ・ヤツハシ> 行動宣言 剣で敵の攻撃を受け流したのち絶技【かばう】でレンカを狙う敵一体からかばいます
樹@ジュリ> で、扉の陰に隠れて見えなかったのですね
十五夜@SD> はい、難易度は16で、前提変換申請をどうぞ
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 前提変換 敵の攻撃前に既に剣を構えているので即座に対応できます
十五夜@SD> ふむ-2
那限逢真@オーマ> 「あ、おい!回り込まれてるぞ! アヤメ」
那限逢真@オーマ> 「正樹! そっちじゃない! 左だ! 左に逃げろ」
GENZ@征矢野正樹> 「おっ! と! うわ!」
那限逢真@オーマ> 「蓮華さん! 後ろ後ろ!」
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 前提変換 オーマが周囲から的確に指示をしてくれている
那限逢真@オーマ> 「ジュリさん! 一歩後ろに下がって!」
那限逢真@オーマ> 「師匠さん! がんばって! 右から来てますよ!」
十五夜@SD> OKさらに-2
那限逢真@オーマ> 「(調査ついでに戦場把握中)」
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 前提変換 多少のケガは無視して、人命を優先させます
樹@ジュリ> アヤメの使った変換はこっちでも聞きますか?具体的には指示の部分ですが
十五夜@SD> OK -4しよう<人命を優先
那限逢真@オーマ> 「足下! 蹴っ飛ばした扉が転がってるぞ!」
睦月@アヤメ・ヤツハシ> よし!
十五夜@SD> 効くとしていいよ<アヤメの使った変換
GENZ@征矢野正樹> よし!>変換
スプーン@蓮華> 行動宣言:受動宣言:敵の攻撃を避ける
樹@ジュリ> 行動宣言:受動、骸骨兵からの攻撃を回避(一体)前提変換:・埃かぶるのいやで少し離れてたので余裕がある・壊れた扉が邪魔になって出てくるのに一瞬手間取る・オーマの指示
GENZ@征矢野正樹> 行動宣言:攻撃は諦め、回避に集中して逃げ回ります前提変換:オーマの回避指示があります。床はホコリ以外きれいで、ローラースケートが使えます。
十五夜@SD> 8まで落ちた。成功要素提出をどうぞ>アヤメ

スプーン@蓮華> 「オーマくんナイスアシスト!」
那限逢真@オーマ> 「どうも! あ、来てますよ!」
十五夜@SD> 扉は下へ落ちていったので使えない
スプーン@蓮華> 前提変換:剣を抜き、待ち構えていたので確実に対応できる:オーマのアドバイスで補助される:相手を待っている間に有利な位置に移動した
スプーン@蓮華> 「OK」
那限逢真@オーマ> まだ地下があるんだ……<下に落ちていった
十五夜@SD> レンガ難易度8に-2 -2で4
スプーン@蓮華> あれ?二体じゃなかったですか?
十五夜@SD> 一体のカバーをアヤメがしている
スプーン@蓮華> マジですか!>カバー
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 絶技【かばう】レンカをかばいます  成功要素【力が強い】強い力で剣を振るい、敵の攻撃を受け流します     【剣術の修行で身についた体力】まだまだ元気です【剣術知識】剣の扱いを知っています【緊急時の判断力】不測の事態も冷静に対処します【青く澄んだ瞳】停止しています【処々の動作が俊敏】素早く動き、レンカをかばいます【緊急時に鋭くなる第六感】危険を敏感に察知して回避します     【剣の神様のご加護】剣の神様に愛されているのでなんとなく攻撃を避けることができます【剣技】敵の攻撃を受け流す剣を振るいます   【剣術で鍛えた体裁き】剣術で鍛えた動きで素早く敵の攻撃を受け流します マウント 長剣 根源力400+両手持分200「切る」「受け流す」(両手持ち)受け流すのに使用する布鎧 根源力100「受け流す」運動靴 根源力200 動きやすいです
睦月@アヤメ・ヤツハシ> うん、かばうを使った>スプーンさん
スプーン@蓮華> さんきゅうです!>睦月さん
樹@ジュリ> こっちは現時点で難易度いくつでしょう?
GENZ@征矢野正樹> (かなり必死で回避行動中)
十五夜@SD> ジュリ難易度8 -1 -2 で5
スプーン@蓮華> 成功要素【タフ】      :体力に余裕があり、機敏な動きが出来る【狩りの知識】   :複数の獲物と戦ったことがあり、結構慣れている【思考が早い】   :素早く次の行動を決める【反射神経】    :素早く避ける【落ち着いて見える】:実際に落ち着いて相手の動きを観察している【俊敏な動作】   :挙動が素早い【賭け事に強い】  :やばなそうなときも紙一重で無事【話術】      :【観察眼】     :相手の動きを見極める【剣技】      :で鍛えた距離感で攻撃を避ける アイテムマウント革鎧    根源力200【受け止める】 運動靴   根源力200:素早く動ける 一時成功要素【経験から来る余裕】:旅で戦闘もあり、それを乗り越えてきた。(女の一人旅は危険ですよ?)【構え】:敵が襲い掛かってくるまでに構えは完璧にした
樹@ジュリ> たぶんいけるかな…
樹@ジュリ> 【瞬間的な爆発力】回避運動の一瞬に力をかけます 【論理的思考】相手の動きから攻撃動作の予想、狙ってる部位を判断。【心理学知識】 【目がよい】相手の動きをしっかりと把握できます【小手先の器用さ】うまく受身が取れます 【対応が早い】不意の出来事にも即対応出来ます 【2択ならよく当たる】右に飛ぶか左に飛ぶか 【占術】なんとなく嫌な予感がしました。【護身技術】相手の攻撃を避ける技術もあります マウントアイテム布鎧【受け流す】
十五夜@SD> 正樹難易度7に-2 -1で4
スプーン@蓮華> 「アヤメちゃんサンクス!」
樹@ジュリ> 心理学知識除外で。すみません。
GENZ@征矢野正樹> オーマさんありがとう!【山歩きでついた体力】何とかもちます【視力1.5】骸骨兵の動きをよく見て回避します【素早い手さばき】で魔法杖による防御を行います【最悪一歩手前で踏みとどまる】なんとか傷をおわずにすみます【ローラースケート】アクロバティックな動きで幻惑します。(一時)【相手は1体、そのの動きに極限まで集中】(一時)【先程から危険な目にあいまくっているので警戒しています】
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 「お礼はいいですから・・・・・・・・死んではいけませんわよ!!」
十五夜@SD> かばうでアヤメクリア

スプーン@蓮華> 「そっちこそ。これで死なれたら目覚めが悪い」(にやりと笑う)
十五夜@SD> 【タフ】【狩りの知識】【思考が早い】【反射神経】【俊敏な動作】【観察眼】【剣技】の7つでレンガクリア
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 「ふふ・・・・・早くあの町に帰りたいものですわ!!(剣で骸骨の攻撃を受け流しつつ」
十五夜@SD> と、革鎧と運動靴もあった
十五夜@SD> 一時の【経験から来る余裕】も
十五夜@SD> 失礼
十五夜@SD> 計10でしたね

スプーン@蓮華> 「ふぅ。二体だったらやばかったかなー」(避けつつ)
GENZ@征矢野正樹> (かなり防戦一方)
十五夜@SD> ジュリは【瞬間的な爆発力】【論理的思考】【目がよい】【対応が早い】【2択ならよく当たる】【護身技術】【受け流す】の7つが通りました。
GENZ@征矢野正樹> (とりあえず喋る余裕がない)
スプーン@蓮華> しかし、かばう強い!
那限逢真@オーマ> 「(激を飛ばしながら回避の指示を行っている)」
那限逢真@オーマ> 強いですね。本当に<かばう
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 停止成功要素:【剣術知識】 もう一々思い出している暇は無いです
スプーン@蓮華> かばう持っている人たちがかばいあったら・・・すごそー
十五夜@SD> 【山歩きでついた体力】【視力1.5】【最悪一歩手前で踏みとどまる】【ローラースケート】【相手は1体、そのの動きに極限まで集中】【先程から危険な目にあいまくっているので警戒しています】の6つが通って正樹さんクリア

睦月@アヤメ・ヤツハシ> ええ・・・・・俺もここまで強いとは思いませんでした・・・・・>かばう
那限逢真@オーマ> 背中を守って戦うというところですね<かばい合い
十五夜@SD> はい、了解です<停止成功要素:【剣術知識】
GENZ@征矢野正樹> 5m以内とはいえ凄い>かばう
スプーン@蓮華> とっておけばよかったなー>かばう
樹@ジュリ> 「くっ!(横飛び)…そんなんじゃ私を捕まえるのはまだ無理ねー(虚勢を張る)」
那限逢真@オーマ> 「虚勢張ってないで、よく見ろ! 次が来るぞ!」

十五夜@SD> あと、師匠の処理がありますね
スプーン@蓮華> 「師匠さん!大丈夫ですか!?」
那限逢真@オーマ> 師匠さんの根源力はいくつだろう……
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 「アイゼルさん!!」
十五夜@SD> 根源力5000の200で25の3/10が防御なので8
GENZ@征矢野正樹> 「アイゼルさん!」
那限逢真@オーマ> 「師匠さん! なんかでこいつら一掃出来ませんか!?」
十五夜@SD> まあ、防具がこれに加わって2*2体で4
樹@ジュリ> 一体分ですな…(・ω・)<防御8
GENZ@征矢野正樹> 素晴らしい根源力…!
睦月@アヤメ・ヤツハシ> ですね・・・さすがは師匠さんw
那限逢真@オーマ> 心配ないですかね。これは
スプーン@蓮華> さすが師匠
十五夜@SD> 前提変換して-2と…2点足りんかな

那限逢真@オーマ> って、ありゃ?<2点足りない
睦月@アヤメ・ヤツハシ> Σ(゚Д゚ )
スプーン@蓮華> (;´Д`)しーしょー
GENZ@征矢野正樹> …え?
十五夜@SD> 16-8-4-2=2
那限逢真@オーマ> あう。足りてないですね
十五夜@SD> まあ、中間でしょうな
樹@ジュリ> 振るんだ師匠(マテ
スプーン@蓮華> 「師匠さん・・・!危ない!」
那限逢真@オーマ> 師匠死んだら失敗でしょうなぁ……
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 振ったら駄目だw
十五夜@SD> いや、失敗するといろいろ困るので(苦笑)

GENZ@征矢野正樹> www
スプーン@蓮華> 死なれたらミッション失敗ですね
那限逢真@オーマ> 「師匠さん、後ろに! 挟み込まれてますよ!」
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 「アイゼルさん!!(アイゼルに近づきます」
十五夜@SD> まあ、ダメージは、2000 / 200 / 8 = 1.25 で1なので
十五夜@SD> 骸骨兵に切りつけられた師匠の腕から血が飛び散った
十五夜@SD> 「くっ!」

睦月@アヤメ・ヤツハシ> ほ・・・(安堵
スプーン@蓮華> 「ああ!」
那限逢真@オーマ> 「大丈夫ですか?」
十五夜@SD> 「こんなやつら、…本調子だったら…」歯噛みしている
那限逢真@オーマ> 本調子じゃない?
スプーン@蓮華> 「・・・・・・おのれ」
十五夜@SD> 攻撃は避けたもののぐるりと囲まれているね
GENZ@征矢野正樹> 「とっ…くっそー!」
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 何ですと!
十五夜@SD> 「ああ、大丈夫だ。すまない」
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 「アイゼルさんを助けないと!?」
十五夜@SD> ああ、みんなだね
スプーン@蓮華> 「ふん。囲まれた・・・ね」
那限逢真@オーマ> 「まずったね。悪い。囲まれちゃったわ」
樹@ジュリ> 「さてー、どうするこの状況?」
十五夜@SD> 後ろ扉だった穴を背に、囲まれてます
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 「ここで死ぬわけには・・・・・」
十五夜@SD> じりじり
スプーン@蓮華> 後ろ逃げ込める?
那限逢真@オーマ> 穴に飛び込むしかないのかな?
GENZ@征矢野正樹> 「切り札、あります?」
GENZ@征矢野正樹> 「入るしか、ありませんかね」
那限逢真@オーマ> 「戦って勝つ自信があるなら、止めないよ」
十五夜@SD> 「切り札、とは?」
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 「入るしかないでしょうね・・・・・・」
スプーン@蓮華> 「よし。撤退だね」
GENZ@征矢野正樹> 「いえ。下がりましょう」
GENZ@征矢野正樹> >アイゼルさん

十五夜@SD> さて、レンガ行動宣言、前に質問は?
樹@ジュリ> 「出口が他に無かったらまたここ通らないといけないけどねぇ…。まぁしょうがないか」
スプーン@蓮華> 穴はどれくらいの大きさですか?
十五夜@SD> 「良かろう」傷口を縛りながら答えます
スプーン@蓮華> てかここで行動orz
十五夜@SD> さっき蹴破った扉だから普通の扉の大きさ<穴
スプーン@蓮華> 人は一人しか通れませんか?
十五夜@SD> がんばれば2人通れないこともないけど…
十五夜@SD> 通りにくいと思うね
スプーン@蓮華> うーむ。どうしましょうか
GENZ@征矢野正樹> 遮蔽物になりそうなものは何か…
スプーン@蓮華> 敵は追いかけてくるから殿がいるかな
那限逢真@オーマ> とりあえず、殿を勤めてもらってその間に退避かな?
那限逢真@オーマ> 師匠さんって、茨の壁とか、結界みたいな絶技は使えませんかね?
スプーン@蓮華> では質問。殿を務めてその間に脱出させる。の難易度は?>SD
十五夜@SD> 20
十五夜@SD> 結界は使える
スプーン@蓮華> 結界・・・だめだな
那限逢真@オーマ> あ。結界は自機中心型か……
GENZ@征矢野正樹> 自分中心3×3×3はちょっと

十五夜@SD> 時間かなり過ぎてるけどどうする?続ける?
那限逢真@オーマ> 師匠さんがいないと目的のものが見つからないかなぁ?
樹@ジュリ> さすがに師匠に足止め係で残ってもらうわけには行かないしねぇ…
GENZ@征矢野正樹> (いつのまにやら5:30ッ!? いや私は大丈夫ですが)
那限逢真@オーマ> 今日は私は休みなので大丈夫です
樹@ジュリ> 同じく一応大丈夫です。いや、思考能力は微妙に落ちてますが。
十五夜@SD> いったん切って再開してもいいけど
那限逢真@オーマ> (というか、もうすぐ起床時間じゃないか……)
那限逢真@オーマ> どうしますか?<ALL 私はどちらでも
GENZ@征矢野正樹> (みんなクオリティ高いなぁ)
スプーン@蓮華> あ、仕事休みなのでそれは大丈夫です
十五夜@SD> 睦月さんが大丈夫かな典
樹@ジュリ> 切るなら切るでもいいですが…。睦月さん大丈夫かな?
那限逢真@オーマ> 少し待ちましょうか
GENZ@征矢野正樹> 退席。何ぞあったのか喃…
スプーン@蓮華> 睦月さん・・・。疲れた方いるなら一旦きりますか?
十五夜@SD> 結構長引いてしまったね
那限逢真@オーマ> そうですね……
GENZ@征矢野正樹> TRPGで一夜を明かしたのは、TT以来w
十五夜@SD> まあ、スプーンさんの処理までしてしまいますか
睦月@アヤメ・ヤツハシ> hshhh
十五夜@SD> 睦月さん大丈夫?
GENZ@征矢野正樹> だ、大丈夫ですか?
スプーン@蓮華> うぃ。ちょいと待ってください
那限逢真@オーマ> あ。おかえりなさい
スプーン@蓮華> 睦月さんお帰りー
樹@ジュリ> おかえりなさいませ
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 起きてますよ・・・・(意識が飛んでたけど・・・・・(汗)
十五夜@SD> 殿をして地下へみなを逃がす難易度は20です
那限逢真@オーマ> あ、残り難易度っていくつですか?
スプーン@蓮華> では、行動宣言します
GENZ@征矢野正樹> おお、続行!w
十五夜@SD> 200-16-10-20-46=108かな…
那限逢真@オーマ> ぬあ!?<108
睦月@アヤメ・ヤツハシ> ∑全然足りない!?
GENZ@征矢野正樹> 目的さえ果たせば、前提変換で0に…!
スプーン@蓮華> いいですか?>宣言して
GENZ@征矢野正樹> どぞ
十五夜@SD> どうぞ

スプーン@蓮華> 行動宣言:皆が穴に逃げるまで殿で時間を稼ぐ
十五夜@SD> はい難易度は20です
十五夜@SD> 前提変換をどうぞ
那限逢真@オーマ> 「左右から来るぞ! 気をつけろ」
那限逢真@オーマ> 「身体の小さい奴からさっさと入る!」
GENZ@征矢野正樹> 「足下…ッ 足下…ッ!」(ローラースケート)
スプーン@蓮華> 前提変換:皆も急いでいるのでそれほど時間はかかりません。:皆一人づつ確実に逃げてもらう:目立つ動きで敵を引き付け、味方を守る:旅の経験上、こんな場面もあり、落ち着いている。:そして仲間の助言で的確に行動します。:今まで緩んでいたのが本気を出します
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 「ええ、(穴に入っていきます」
樹@ジュリ> 200(元難易度)-12(アヤメ)-16(正樹受動)-10(ジュリ)-20(正樹)-8×7(骸骨受動)=86じゃないですか?…こっちも思考能力低下してますが。
十五夜@SD> ふむ、-8
那限逢真@オーマ> 「(ふと。広義の意味では骸骨兵も遺物なのでは、と思ったりする)」
GENZ@征矢野正樹> 「みなさんも急いで!」
スプーン@蓮華> さらに変換:仲間を守るためなら死をもいとわない
スプーン@蓮華> 「士、死して屍拾う者無し!ここは任せてもらおう!」
那限逢真@オーマ> 「扉まで下がれば、あいつらも一体ずつしか入ってこれない! 急げ」
十五夜@SD> 師匠が中間ですが、計算はミスってるかも
樹@ジュリ> 「ごめん、任せたー。」
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 「必ず生きて会いましょう!!ご無事で!(穴の向こうから」
十五夜@SD> 8*6+4=52
樹@ジュリ> ぁ、師匠中間でしたね(・ω・)
スプーン@蓮華> 絶技 速攻   1000 5 【速攻  (×5)】 :忍び歩き 1000 5 【忍び歩き(×5)】 :神出鬼没な動きで相手の不意を突き、混乱させる 成功要素【タフ】      :打たれ強く、粘ります。【狩りの知識】   :複数相手もなれてます。【思考が早い】   :素早く次の行動を決める【反射神経】    :素早く行動する。【落ち着いて見える】:実際に落ち着いて相手の動きを観察している【俊敏な動作】   :挙動が素早い【賭け事に強い】  :やばなそうなときも紙一重で無事【話術】      :自己暗示する。【観察眼】     :相手の動きを見極める【剣技】      :で鍛えた距離感で攻撃を避ける アイテムマウント騎兵刀    根源力400【切る(×2)】革鎧    根源力200【受け止める】 運動靴   根源力200:素早く動ける たいまつ  根
十五夜@SD> ちょうど110なのであと90か
スプーン@蓮華> 一時成功要素【無理はしない】:時間稼ぎで敵を倒す必要がないから無理はしない。味方が逃げ切るためには【対複数戦の経験】:複数相手はなるべくしないで一対一で相手を捌く
睦月@アヤメ・ヤツハシ> (´・ω・`)眠気で頭の中がやばくなってますよ・・・・・・少し寝てましたが・・・・・・(汗
スプーン@蓮華> 以上です
樹@ジュリ> でもどっちにしろ目的達成前提変換で0にするのを狙うしか…な難易度な気も。
那限逢真@オーマ> どっちにしてもピンチだ、私。<90

十五夜@SD> 絶技は1ターンに1つだけです
十五夜@SD> どちらを使いますか?
GENZ@征矢野正樹> 何とかなる! と信じたい
スプーン@蓮華> 速攻は組み合わせるんじゃあないんですか?
樹@ジュリ> 速攻は使ったことにならないはずです。確か。
睦月@アヤメ・ヤツハシ> 速攻は絶技使用には入りませんよ>SD
GENZ@征矢野正樹> (これがツッコミの嵐…)
スプーン@蓮華> ビビッタです
GENZ@征矢野正樹> SDも落ち着いてw
那限逢真@オーマ> あ。ホントだ(ルルブ読んでいる)
十五夜@SD> そうは書いてないような…
スプーン@蓮華> 「私の独壇場だ!死んでも守り抜く!!」
那限逢真@オーマ> 使ったことにはならない、とは書いてありますね
GENZ@征矢野正樹> この絶技を使っても、絶技を使ったことにはなりません、とあります>速攻
十五夜@SD> なるほどOKです
樹@ジュリ> ぁぁ、でも成功要素数にも計算されないような気も…
那限逢真@オーマ> ……でしょうね。これは
GENZ@征矢野正樹> 前提変換ですかねぇ。
睦月@アヤメ・ヤツハシ> そうですね>成功要素に計上されない
スプーン@蓮華> 前提ですかね>速攻。絶技の隙がなくなる
十五夜@SD> 発動が早くなるということで、10まで落としますか
那限逢真@オーマ> より効率よく動けると言うことですかね。これは
スプーン@蓮華> 「ふははははは!こっちだ、鈍間が!」
スプーン@蓮華> 私にサムズアップ!

十五夜@SD> 忍び歩きの5点+【狩りの知識】【思考が早い】【反射神経】【俊敏な動作】【賭け事に強い】【観察眼】【剣技】【切る(×2)】運動靴【無理はしない】【対複数戦の経験】で17とおりました。成功ですね。
那限逢真@オーマ> 「いってる側から……後ろと左だ!」
スプーン@蓮華> 死ぬかもしれないから無駄に暴れておこう
睦月@アヤメ・ヤツハシ> おめでとうー
十五夜@SD> 疲労分停止しておいてください
GENZ@征矢野正樹> ないす!
樹@ジュリ> おめでとー
那限逢真@オーマ> おめでとうです。
スプーン@蓮華> 「ふん。そろそろいいか・・・」
スプーン@蓮華> ありがとうございますー!!
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|