※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セッションログ:2006-10-09 その3



ライラの勇姿(笑)。

芝村@レフリー> そう言えばクラス代表って、3人の中の誰だっけ。
芝村@レフリー> 誰にする?
ケン・ムロガ> 三人の中からですね。 ええと、客観的にはライラなんですが、クリスというのも面白い(率先して遊ぶクラス代表、これは新しい)
芝村@レフリー> 誰でもいいですよ
クリス> いや、問題児が代表はまずいと思われ(笑)
ライラ> では、ライラで。
クリス> 世話好きのライラで
芝村@レフリー> OK。

ケン・ムロガ> 委員長は世話好きの法則は宇宙時代でも有効だった(笑)
クリス> 眼鏡でひっつめみつあみというのはどうか<委員長(マテ
ライラ> この時代に眼鏡ってあるんですか?
芝村@レフリー> あるよ。
芝村@レフリー> 身体を改造するサイバーウェアは銀河帝国では厳しくご法度になっている。
ライラ> じゃ、眼鏡で。
クリス> Σ眼鏡が採用された!
芝村@レフリー> 貴族になるとアンチエイジング抗老化剤の使用も難しいね。

芝村@レフリー> ライラは家で作った、トウモロコシを取り出した。
ライラ> トウモロコシを大事そうに抱えています。
芝村@レフリー> 重大なお役目としてこれを艦長に渡すことになっている。
芝村@レフリー> ドアが、プシューと開いた。
ケン・ムロガ> ト、トウモロコシにじっと目を注ぐ。 (式次第まちがうなーまちがうなー)
ライラ> 固唾を呑んで、少し震えながら2歩、3歩と進んでいきます。
クリス> 退屈そうにまわりをきょろきょろ見回してます(要はエネルギーが余ってる
クリス> (早くおわんねーかなー外が見たいなー)←心の声

芝村@レフリー> 22人のデッキクルーが左右に整列して一斉に敬礼した。
芝村@レフリー> ライラ、ここは無重量状態だ。君は2、3歩出たところで、ういた。
ライラ> 「きゃっ」

芝村@レフリー> その手を取ったのは艦長だ。
芝村@レフリー> 女性艦長だね。まだ歳若い。
芝村@レフリー> 赤毛の艦長だ。貴方にはまだ分からないが、大尉の階級章をつけていた。

ライラ> 「あ、あの!ごめんなさい!わたし・・・」
芝村@レフリー> ライラ艦長:「大丈夫?」
クリス> へぇ、と少し興味をそそられたかのように艦長を見ます
ケン・ムロガ> (階級章を見て青ざめる。が、どうにも出来ない(あたふた))

芝村@レフリー> ライラは同じ名前の艦長に優しく降ろされた。
芝村@レフリー> にこにこ笑っている。

ライラ> 「はい、大丈夫です!」豪華な階級章を見て、ちょっと戸惑ってます。
クリス> 「何?あの女の人って偉いの?」ケンをこづいて囁く
ケン・ムロガ> 「大尉さんだよ。えーと、学校で言えば校長先生ぐらいかな?(小声で)」
クリス> 「へえ、すっげー」目を輝かして、あの服かっこいいな、と呟きます

芝村@レフリー> 頭にはキャプテンを示す帽子をかぶっている。スマートで格好いい。
ライラ> 大きく息を吸って、暗誦してきた挨拶を思い出します。
芝村@レフリー> ライラは小さく、上出来と、うなずいた。
芝村@レフリー> ライラ艦長:「さ、挨拶を。自分の言葉でいいから」

ライラ> 「わ、わたし、小学校の代表できましたライラといいます!」おそるおそる。
ケン・ムロガ> (固唾を呑んで見守る)
クリス> ライラがんばれー、と手をかすかに振ってる

芝村@レフリー> 艦長:「ライラ・ヤング艦長です
芝村@レフリー> 艦長:「我が艦に起こし願えた事を、心から嬉しく思えます」
ライラ> 「か、艦長さんにはごしょうたいいただき・・・・」頭の中が真っ白。
芝村@レフリー> 艦長は笑ってトウモロコシを受け取った。
芝村@レフリー> 艦長:「これは艦長特権としておいしくいただきます。地上の食べ物はひさしぶりね」

クリス> 「あっれーライラ同じ名前じゃん」ふーんと思いながら、でも髪は私の方が似てるもんね、と自分の赤毛を引っ張る
ケン・ムロガ> (ライラがんばってるんだからおとなしくしてろよ、とクリスを肘で軽く小突きます)
クリス> (なんだよー、とこづき返して静かな小競り合い(笑))

芝村@レフリー> 艦長は背筋を伸ばすと一歩下がった。
ライラ> 「こ、こんな素敵な船に連れてきてくれて、ありがとうございます。おばあちゃんが艦長さんと皆さんに是非って・・・・」
ライラ> いろいろトウモロコシについてまくし立てて、急いで列に戻りました。

芝村@レフリー> 艦長:「そろそろ時間です。何もない艦ですが、一つくらいは見せるものがあります。ご覧ください」
芝村@レフリー> 艦の明かりが消えた。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|