※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

執筆者…ライラ

視点 ライラ


「……次は、ルイージ。 お前だ。」

フライムがルイージに言った。

「……わ、わかった。」

随分緊張しているようだ。 足がガタガタしている。

「……ルイージ。 誰かもう1人と一緒に行くというのはどうだ……?」

それに気付いたのか。 フライムは突然言った。


誰と行くんだろう……。 なんて思いながら僕は上を向いた。


──その時だった。


フライムと目線があってしまった。

「決めた。 ライラ、お前がルイージと一緒に行くんだ。」


そう言われ、僕はビックリした。


「行ってくれるな?」

フライムが僕に問う。

「行きます。」

僕はフライムに直ぐ、言い返した。


ルイージとは仲が良いし、実のことを言うと僕も1人行動は嫌だった。

「ということで行ってくる。 向こうでもし会ったら……」

そう言うと僕とルイージは異次元世界へと飛ばされた。

あっという間に、ミッションの場所のだろうか。 殺風景なところへ着いた。

「ココがミッションの場所だ。 今からお前達にはちょっとしたものを取ってきて貰いたい。」

「ちょっとしたものとは……?」

「お前達には、サファイアとアメジストを取ってきてほしい。」

何やら他にも誰かに言ったような言い方だ。

「いいよ。 そのサファイア、アメジストは何処にあるの?」

僕はフライムに問う。

「それは教えられない。 言えるのは、この世界の何処かにあるということだけだ。」

フライムがそう言い終えると、姿を消した。

「……行くしかないな。」

「そ、そうだね。」

少し緊張したが、僕とルイージは宝石探し始めた。