※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

執筆者 Ice.D

視点…アールガン

ヨウガン山に到着した一同は、早速修行を始めることにした。

孤独を好むラエクルとナスは、単独修行をしたいと言い出したので、近くの岩を壊したりすることにしたようだ。

「皆でやればいいのに…」そんな考えを持ちながらも、アールガンは、ライラとバトル修行をすることにしたようだ。

その他も各自組んだようで、四翼の「では各自修行開始ッ!」の声で修行が始まった。

アールガンも早速ライラとバトルすることにした。

「ゆけっ、ブイゼル!」「いけっ、ブーバー!」

両者はポケモンをそれぞれ繰り出した。タイプ的に言えばブーバーは不利なのは分かっている。しかし鍛えるためだ。

「ライラ、先制でいいよ」

「では行くぜ…アクアジェット!!」

「受け止めろ!」

ブイゼルのアクアジェットは、ブーバーに止められてしまった。

「ブーバー、火の粉!」

ブイゼルは攻撃を食らってしまった。しかし、効果は今ひとつなので、難なく持ちこたえた。

「なかなかやるね、アールガン…ならば、水鉄砲!」

「そっちこそ…炎の渦!」

両者の攻撃は真ん中でぶつかり合い、爆発し吹き飛ばした。

両者のポケモンは…

まだ立っていた。

「…楽しいな!!ブイゼル、アクアジェット!」

アールガンは、ブーバーが体力が残り少ない事を知っていた。此処で、最後の賭けに出た。

「かわして炎の渦!!」

ブイゼルのアクアジェットをうまくかわし、ブーバーは炎の渦を繰り出した。
素早いブイゼルも、これはかわしきれず、巻き込まれてしまった。

「決まった!」

ブイゼルは、渦の中を何とか抜け出した。

しかし、ライラが水鉄砲の指示を出す前に倒れてしまった。

「…!」

「ライラ、いいバトルをありがとう。少し休もう」

「こちらこそ。そうだな」

両者はポケモンをモンスターボールに戻し、休憩をすることにした。

近くのベンチに向かうと、氷天と四翼が座っていた。

「もう修行は終わったのか?」

ライラが問う。

「ああ。四翼は強い。参った」

氷天と、四翼はそれぞれポリゴンZとサーナイトを繰り出したのだが、ポリゴンZとサーナイトのサイコキネシスがぶつかりあってもの凄い爆発が起きて、結局引き分けになったそうだ。

「そういえばラエクルとかはどうしたんだろうね?」

「様子見に行くか」