※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

執筆者 ライラ

視点…ルイージ


修行……。

僕はどうすればいいのか考えながらコンビニで買ったホットドックを食べつつ帰宅していた。

「やっぱり皆ミッションするよな……  
 コリーとラエクルなんか楽しみにしているようだから…… うん……」

「……」

僕の独り言が聞こえたのか、誰かの気配がする。

……段々と近づいてくる。

フライムかと少し思ったが、ライラだった。

「なんだ…… ライラか」

安心して僕は言った。

「なんだとはな… まぁいいや。 途中まで一緒に帰ろう」

「うん」

ライラと一緒に帰ることになった。

思った通り。 帰りながら話す話題は「フライム」。


「ライラはどうするの? ミッションとか修行とか」

つい気になって問いかけてしまった。

「念のため修行は多少すると思うけど、ミッションに参加するまでは決めてないかな……」


珍しくライラが真面目なことを言った。

「そうか…… じゃあ僕も修行しようかな」

僕は何故かこの一言で修行をする気になった。


そして分かれ道。

ライラとの家の方向がココから違うので、ココで別れた。

それから歩くこと5分。

やっと家に着いた。 僕は直ぐにベッド直行して、フライムと修行のことを考えはじめた。

気が付くと寝てしまったが……