※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

執筆者 四翼

視点…四翼

明くる日、YDM学園での2時限目。

もう直ぐチャイムがなろうとする時間だ。
今日も勉強がたるい。

早くフライ……じゃなかった、フライムとやらからミッションが受けたいものだ。
フライムって覚えづらいなぁ。

「えーコレで、2時限目を終わりとする! 」
担任がいつもより少し早めに授業を終わりにしてくれた。

ようやく待っていた休み時間。
私達はいつものように氷天の机に集まる。

氷天は、普段と違い鞄に入っているらしい、大量の薬品を弄っている。

「あっへ!? 氷ちゃん、それあんた、メタミドホs」
私が某薬品の名を言い切る前に、氷天が即答した。

「一応買っちゃいけないことになってるんだから、大声で言うなよ」

「つうかさぁ、なんでお前薬品持ってるんだよ?」
コリーがツッコミを入れる。

そんな他愛のない会話をしている中、突然担任が私達に話しかけてきた。
「お前ら、客が来てるらしいぞ。校門にいるから行ってこい」

……客?
誰だろう……

「ちょっ、ちょっと怖いけど……行ってみようよ」
臆病なルイージが、おどおどしながら皆に言う。

「そうだね。神フライとかいう奴と関係あるかもしれないし」

「…………フライム」
ここ2、3日全く口を開かなかった光がライラに指摘をする。

「あ、そーだっけか、やべ、また間違えちまった」

「コントやってる場合じゃねぇ、行くぞ」
ラエクルがまたも指揮を執る。



そして校門前。

待っていたのは、蘭学園の制服を来た、私達と歳の変わらないような子だった。