※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

執筆者 ライラ

視点…ライラ


「じゃあな。ラエクル。
 明日フライムとか言う奴の言うことに脅かされて、弱腰になって学校休むなよ。」

ラエクルにこんなことを言ったのを少し後悔しながら僕は、部活へ向かう。

そんな僕の部活は陸上部。 短距離をメインに毎日走りこんでいる。

どれだけ走っただろうか。

部活が終わり、家に帰ると直ぐに時計を見る……


──18時。

「今日はもう外に出るのは止めておくか。」

なんて独り言を呟きながら僕は今日の宿題、日記を片付ける。

そして、ポケモンの手入れをし、ご飯を食べ、寝てしまった。

翌日。 起きて時計を見た。

「……やばい。 寝坊した!」

服を着替えると猛ダッシュで学校に行く。

門の前で、コリーを見掛け、少し安心した。

そして、授業もあっという間に終わり、いつものように颯の机で集まってお喋りをする。


「ところで、フレイムだっけ? 来るのかな?」

僕は気になったので皆に言った。

「お前……。 フライムだぞ。」

ラエクルが小声で言う。

僕が間違えたのがそんなに可笑しいのか、皆がクスクス笑う。

「相変らず、お前の天然は健在だな。」

コリーが笑いながら言った。

「そろそろ時間的にスライムとかいう……」

「だからフライムだろ」

1時間くらい経ったがフライムは来なかった。

「もう帰ろうぜ。 今日皆部活休みだろ?」

僕は皆に言ってしまった。

「そうだな。 誰かの家で集まって話そうか」



「……で誰の家にする?」