boostインストールメモ(MinGW)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アクセスカウンタ -

はじめに

やんち>MinGWにboostをインストールしたので、その時のメモを残して置きます。

目次


前提条件

事前にMinGWがセットアップされている必要があります。
使用した環境:
MinGW「gcc (GCC) 3.4.2 (mingw-special)」
OS「Microsoft Windows 2000 [Version 5.00.2195]」

boostをダウンロード

http://www.boost.org/
より、
「boost_1_36_0.zip」
「boost-jam-3.1.16-1-ntx86.zip」
をダウンロード。

ファイルを展開(boost_1_36_0.zip)

boost_1_36_0.zip
を「C:\usr\boost_1_36_0」に展開。

ファイルを展開(boost-jam-3.1.16-1-ntx86.zip)

boost-jam-3.1.16-1-ntx86.zip
を「C:\usr\bin」に展開。
パスを通して置く。

環境変数を設定

BOOST_ROOT = "C:\usr\boost_1_36_0"

環境変数を有効にするためにマシンをリブート


boostのビルド

bjamを使用して、boostをビルドします。
(事前にMinGWをセットアップしてあること。)
コマンドプロムプトより、

boostをインストールしたパスへ移動


> cd /d C:\usr\boost_1_36_0[Enter]


bjamの使い方を確認


> bjam --help[Enter]


boostをビルド


> bjam --toolset=gcc --stagedir=. stage[Enter]


libディレクトリに、「libboost_regex-mgw34-mt.lib」

とか出来てたら、成功。

MinGWからincludeする用にディレクトリを作成して置きましょう。


> mkdir include[Enter]
> xcopy boost include\boost\ /s /e /v[Enter]



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。