|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ネット規制の枠組その② サイバー犯罪法案(共謀罪)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

潜行する恐怖~共謀罪サブマリン立法「サイバー犯罪法案」~

●法案の概要

同法案は、現在審議中の共謀法とセットで提出されている
インターネットを使ったテロ対策のためのサイバー犯罪条約批准に伴う国内法整備のための法案である。

●法案の骨子

《1》通信履歴の保全要請
《2》ネットワークを介したデータの差し押さえ権限
《3》コンピューター・ウイルスの作成、提供の禁止

の三つが柱となっている。

●現在の状況

5月8日現在衆議院法務委員会で審議中の模様です。

民主党議員 ふじすえ健三氏のブログ

http://www.fujisue.net/archives/2006/05/post_1302.html

更新履歴

取得中です。