The Men's Room With Bas And Jeremy


※このページには画像が多く掲載されています。環境によっては、フリーズ等が発生する可能性がありますのでご注意ください。
※Internet Explorer Mobileのようなブラウザでは、テーブルを閲覧することはできません。あらかじめご了承ください。

The Men's Room With Bas And Jeremy(ザ・メンズ・ルーム・ウィズ・バス・エンド・ジェレミー)はWEAZELで放送されているトーク番組。タイトルは日本語では『バスとジェレミーの男部屋』。
その番組名の通り、格闘家のBas Rutten(バス・ルッテン)とオランダ出身の同性愛者Jeremy St. Ives(ジェレミー・セイント・アイヴス)による真の男になるための話や相談が中心。ジェレミーはレディースブランドDERRIEREのロゴTシャツを着ている。
男部屋らしく、番組のセットのなかには男性用便器が後ろに並んでおり、オープニングは2人が用を足しているシーンから始まる。基本はこの2人によるトークが中心となるが、ジェレミーの話はバスによってかなり邪魔され、実際のところ8割がたはバスが持論を展開している。
この番組のバス・ルッテンは、本物の元UFC(アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ)世界ヘビー級王者であるバス・ルッテンがモーションキャプチャー、吹き替えを担当している。蛇足だが、映画「Here Comes the Boom」ではバス・ルッテンがニコ(Niko)という役名で出演している。

【おまけ】ジェレミーのリバティーシティ紹介動画>http://www.youtube.com/watch?v=muHKSEbwQIw




+ ~~~前半~~~

+ ~~~後半~~~