登場人物一覧




Niko Bellic ニコ・ベリック

本作の主人公でセルビア人(当時はユーゴスラビア)。時々、母国語のセルビア・クロアチア語(セルボ・クロアチア語)を話す事がある。
ユーゴスラビア紛争時にはセルビア陸軍側で参戦・従事していた事がある。その戦中、ニコの所属していた部隊が皆殺しに遭う事件が起き、どうにか生き延びたニコは、自分以外に生き残ったフロリアン・クラヴィッチとダルコ・ブレヴィッチ、またはどちらかが金で味方を裏切ったと考え復讐を果たそうと決意する。
戦後はまともな仕事がなく、裏切り犯を捜しながらレイ・ブルガーリン(旧ユーゴスラビアからイタリアへの密入国の仲介などを行っているロシア人)の仕事を手伝うようになる。
そんな中、ついにフロリアンがリバティーシティにいることを突き止めるのだが、
あるイタリアへの密航の仕事中、海岸から1マイルという所でニコの船が多額の現金もろとも沈没してしまう。どうにか泳いで生き延びたニコだったが、ニコが現金を持ち逃げしたと考えたブルガーリンによって命を狙われる。
ブルガーリンから逃れるため、そして裏切り犯への復讐を果たすため、リバティーシティ行きの貨物船プラティパス号に転がり込むが、この船には奇遇にも、ブルガーリンから盗んだダイヤをケーキに隠しこっそり密輸しようとする調理師も同乗していた(ストーリー オープニングFROSTING ON THE CAKEDIAMONDS IN THE ROUGH)。そのダイヤがのちにニコをはじめ大勢を巻き込む大騒動を引き起こすことになる。従兄弟のローマンからは「アメリカン・ドリームを実現した」という内容の手紙が送られていたので到着後はローマンの元に身を寄せることにした。

兄がおりローマンとも仲がよかった。しかし戦争で亡くしているとニコがパッキーとの会話の中で語る。
愛称は、「Nicky」や「NB」とも呼ばれる。L.C.ペーパーが「本名はニコライか?」と聞いているが、推測で言っただけのことであり、Nikoは愛称ではなく本名。
追加コンテンツ、TLAD及びTBoGTではムービーシーンのみの登場。
なお12歳のころまで電気なしの生活をしていたらしい。(ドウェインとの会話でわかった)
モデルは、同じくユーゴスラビア紛争を題材とした映画「エネミーライン」に登場するセルビア傭兵、サシャ。ロシアンショップではサシャと同様の服が売られている。映画トレーラー>http://www.youtube.com/watch?v=pidKTNCGbkk

Roman Bellic ローマン・ベリック

ニコの従兄弟。セルビア人
ブローカーのホーブビーチ在住、小さなタクシー会社「EXPRESS CAR SERVICE」の経営者。
数千万ドルの借金を抱えているが、見栄を張るためにニコには「アメリカン・ドリームを実現した」と手紙を送り、ニコをリバティーシティに呼び寄せる。
重度のギャンブル中毒で、マフィアから金を借りるほどのギャンブル狂。
また遊び人でもあり、ナイトクラブに行くことがしばしば。
仕事関係でマロリーと付き合っている。
ニコと同じく、TLAD及びTBoGTにも登場。

Bruce "Brucie" Kibbutz ブルーシー・キボッツ

ローマンがインターネットで知り合ったガチムチ男。将来の夢はもちろんVIPになること。
自動車販売整備店「BRUCIE'S EXECUTIVE LIFESTYLE AUTOS」を営んでいる。
筋トレが趣味で、いつもニコに体を自慢したがる。そして常にハイペースを保ち続ける超ポジティブ男。
職業柄か車好きで、車やバイクの収集をニコに依頼する。
愛車?は金/黒のHUNTREY SPORT。他にもヘリやボートを所有している。それを使って彼と交友することも可能。
またゲーム内で自分のHP(アドレスはwww.bruciesexecutivelifestyleautos.com)を作成しており、そこでは彼のCDやカレンダーが販売されていることが分かる。更にはラジオでも彼の声が聞けたりする。
ちなみに彼の体には「我」や「人妖」などという漢字の刺青がある。
追加コンテンツ、TBoGTではモーリ・キボッツという兄がいる事が判明する。
続編のGTAⅤのOnlineにも登場。ブルーシーに電話をすれば一時的にダメージと耐久度を高めるドリンク(?)「ブルシャーク・テストステロン」を彼が配達してくる

Real Badman リアル・バッドマン (本名 Teafore Maxwell-Davies)

ヒルサイド・ポッセ(ジャマイカ系ギャング)のリーダー。リトル・ジェイコブの仲間であり、ジェイコブから見たら先輩にあたる。
ジャマイカ国旗をイメージさせるチョッキを着用している。
昔は温厚だったが、リバティーシティに長居してからは凶暴化している。
カットシーン中では2回ほどしか登場しない超脇役。逆にジェイコブの台詞の中で名前のみ登場している事が多い。
ランダムキャラクターの1人。

Little Jacob リトル・ジェイコブ (本名 Jacob Hughes)

ヒルサイド・ポッセのナンバー2。ローマンの友人でもある。
メガネとコーンローがお洒落な彼は、スレッドではもっぱらの大人気である。
葉巻を愛好しており、家にいるとき・出かけるときなど、ほぼ1日中ヤクを吸っている。
ニコとともに行動するミッションでもお構いなしに吸いまくり、ニコから煙たがれることも。
愛車はトランクに武器満載のVIRGO(赤)。なお、友好度が上がると彼から武器を格安で買う事ができる。
余談だが、オンラインのゲームモード「マフィアワーク」にスモール・ジェイコブという男が出てくるが恐らく別人。

※名前の由来は、聖書の「小ヤコブ」から来ていると思われる。小悪人が自分の『商売名』に聖人の名を名乗る事が実際にあるらしい

Mikhail Faustin ミカイル・ファウスティン

リバティーシティで指折りのロシアンマフィア「ファウスティン・ファミリー」のボス。
暴力的で、酔っぱらいでむらっけのある人物。
妻のイレーナ曰く、昔は幸せを作ってくれる優しい夫だったという。
ホーブビーチで、ショーパブの「PERESTROIKA」を経営している。
娘が結婚するのを嫌っており、彼氏を殺すよう命じた。
部下「アンドレイ」がいたが、ミカイルが殺している。

Ilyena Faustin イレーナ・ファウスティン

ロシアンマフィアの、ミカイル・ファウスティンの妻。
カットシーンを見る限り、夫からは日頃から暴力的な行為を受けているようだ。
ランダムキャラクターの1人。

Dimitri Rascalov ディミトリ・ラスカロフ

ファウスティン・ファミリー(ミカイル・ファウスティンが率いるロシアンマフィア)の幹部。ミカイルが信頼を置く、一番の右腕。
ニコにも仕事を依頼し信頼関係を築いていくのだが・・・。
親しい仲のブルガーリンがニコを探していることを知り、リバティーシティにいることをチクる。

Vladimir "Vlad" Glebov ブラッド・グレボフ

彼はミカイル・ファウスティンの元で働くロシア系の借金取りである。
ローマンの事務所に度々現れイヤミを吐き捨て金を巻き上げようとする。
彼は自分の事をホーブビーチを力で支配する究極にパワフルなギャングと思っているが、
実際はショバ代をゆすりながらデカい口を叩き大物に擦り寄ろうとするただの下っ端である。
普段は、自身が経営する「COMRADE'S BAR」にいる。
ニコの事を、「田舎者」、「農民」と呼んでいる。

Dardan Petrela、 Kalem Petrela、 Bledar Morina 
ダーダン・ぺトレーラ、クレム・ぺトレーラ、ブレダー・モリーナ

アルバニア系ギャングのメンバー。
三人組の借金取り。写真はブレダー・モリーナ。
ダーダンは二人のまとめ役。
クレムはダーダンの弟で一回きりの登場。
ブレダーはフィットネス狂。
いつまでたっても借金を返済しないローマンに、異常とも言える手段を使い返済を迫る。
序盤にいつのまにか登場していつのまにか死んでいるのですぐ忘れられる存在。

Mallorie Bardas マロリー・バルダス

プエルトリコ出身(ラテン系)で、ローマンと一緒にタクシー経営の仕事をしている。ボーハンに住んでいる。
また同じプエルトリコ系のマニーとエリザベータとは古くからの友人関係で、ボーハン地区の犯罪事情についても詳しい。
マニーがコミュニティーセンターで開催するダンスにも参加している。
TBoGTで登場するヘンリケ・バルダスと親戚関係の可能性もある。

Manuel "Manny" Escuela マニー・エスクエラ

プエルトリコ系アメリカ人。ボーハンで生まれ育つ。マロリーの幼なじみ。
かつてはスパニッシュ・ロードに所属していたゴロツキで、グラフィティやヒップホップ、ブレイクダンスが誕生したシーンに関わっていたが、その事で賞賛を浴びようとは考えていなかった。彼にとってはエゴではないのだ。
彼はたった一つの事のために生まれ変わった。それは、街や子供たち、ストリートを浄化する事だ。
そのために彼は、カメラマンのジェイ(Jay Hamilton)を引き連れ、自らの苦闘を記録するドキュメンタリーを制作している。
コミュニティーセンターの外壁に、自分の名前と自画像をでかでかとペイントしている。
街にごろつくヤクの売人を一掃すべく、ニコに協力を要請する。
しかし彼自身の性格が非常に「ウザ」く、最終的にはエリザベータに喧嘩を売りに行った直後カメラマン共々射殺され、エリザベータの車のトランクに入れられてしまう。

Elizabeta "Liz" Torres エリザベータ・トーレス

プエルトリコ系の麻薬取引ディーラー。プエルトリコで生まれ14歳でボーハンへ移る。
10年間において麻薬取引の仕事をしてきた王者的存在。
しかし彼女自身もドラッグに溺れ、パラノイア的な妄想を抱くようになっている。
PCで見ることができるLIBERTY TREEのニュースサイト「www.libertytreeonline.com」にて懲役300年の刑に処されたと書かれている。
TLADでも登場、ジョニーにも麻薬絡みの仕事を依頼する。また、TBoGTで登場するアルマンド・トーレスと親戚関係の可能性もある。

Playboy X プレイボーイX (本名 Trey Stewart トレイ・スチュワート)

ノースホーランド・ハスラーズ(アフリカ系アメリカ人ギャング)の現リーダー。
アルゴンキン地区のノースウッドに高級マンションを所有している。
彼はかつて、(最近刑務所から釈放されたドラック王で)ギャングのリーダーであるドウェインという仲間と共に仕事をしていたが、彼が逮捕されて居なくなった後も続けていた。
性格はすこし曲がっている。(中二病的な思考や発想を繰り出してくる)
大富豪のユスフ・アミールと仲良くなろうと試みるが結局相手にされなかった。
ユスフの出身地ドバイがアフリカの国と思っていたり知識にとぼしい。
多彩色のフードパーカーを着ている。
愛車は黄色のPATRIOT。

Dwayne Forge ドウェイン・フォージ

ノースホーランド・ハスラーズの前リーダー。
最近刑務所から釈放されたばかり。元ドラッグ王でもある。
アルゴンキン地区のノースウッドにある国営の団地アパートに祖父と共に住んでいる。
プレイボーイXとはかつて共に仕事をしていた仲だったが、彼が刑務所を出てからはあまり上手くいっていないという。
服役中、ドウェインを警察に売った男(ジェイヴォン)に、彼女(シュリース)をネトラレていた。
性格は常にネガティブ思考で、いつも部屋に引き篭もっている。

United Liberty Paper Contact (本名 Charles Doberman)

連絡係(The Contact)。UNITED LIBERTY PAPERは会社名であるが、しかしこれはダミー会社で、実は政府組織ではないかと言われている。
FIBを見下していたり、部屋の壁にはCIAの証書が掲示されているのでCIA要員であることが示唆される。
ニコの秘密や過去を掴んでおり、過去に裏切った男を捜すのを条件にニコをさまざまな仕事に就かせる。
セルビア語も話す。
GTA5にも登場。IAA(アメリカ国際情勢局、International Affairs Agencyの略)のエージェントであることが判明するが、あっさり主人公に撃ち殺される。

Michelle ミシェール (本名 Karen カレン)

マロリーの友人。
ニコの最初のガールフレンドとなる女性。探りを入れるような会話をしてくる。
しかし、本当の名前はカレンである事、政府組織(U.L.Paper)のエージェントという事が後に判明する。
GTAⅤにも登場。 『IAA』(アメリカ国際情勢局、International Affairs Agencyの略)のスパイで登場している。
ガールフレンドも参照)

Derrick McReary デリック・マクレリー

マクレリー兄弟の長男。
麻薬に溺れ廃人同然となってしまっている。
弟のフランシスには煙たがられ、遂には殺害もニコに依頼するまでになる。
マクレリー・ファミリー経営の「STEINWAY BEER GARDEN」と「LUCKY WINKLES」に顔写真が飾られている。ファミリーが今より強大な勢力を誇っていた頃はアルゴンクインのパーガトリー(LUCKY WINKLES)を拠点にしていた。

Francis "Frankie" McReary フランシス・マクレリー

マクレリー兄弟の次男。
アルゴンキンのパーガトリーに近い、ウエストミンスター警察署の署長。
部下の警官達からは尊敬されているが、彼の内面は汚れた汚職警官である。
なお、彼は署長の他に市警副本部長を兼任していて(海外版攻略ガイド・ブックにDepty Police Commissionerという記載有り)、
行く行くは市警本部長への昇進を目指している。

Gerald "Gerry" MaReary ジェラルド "ジェリー"・マクレリー

マクレリー兄弟の三男。
かなりの長身で弟のパトリックに恐れられる存在。
ウイスキーをよくのんでいる。

Patrick "Packie" McReary パトリック "パッキー" マクレリー

マクレリー兄弟の四男。
本名はパトリック・マクレリー。愛称はパッキー。アイルランド人で、アイルランドマフィアの後継者。
家庭内で唯一の女姉妹ケイトのことを気にかけており、ニコとケイトの仲を取り持ったりもする。
自分の名前のタトゥーを彫っている。
TBoGTにも登場する。そしてTBoGTのエンディングのムービー中にバックを持ってフランシス国際空港に入っていくシーンがあるが、
どこへ行ったのかは不明であったがGTAVでロスサントスにいることが判明した。
GTA5で強盗仲間にできる。

Kate McReary ケイト・マクレリー

マクレリー兄妹の末っ子。パッキーの妹。
後にパッキーの仲介もあり、ニコは彼女と付き合うことになる。
ガールフレンドも参照)

Bernie Crane バーニー・クレイン (本名 Florian Cravic フロリアン・クラヴィッチ)

ピンクジャージの似合うオカマ野郎。セルビア人
バーニーというのは新たに名乗っている名前。
以前の名前をニコに言われる度に怒る。
かつてNikoがセルビア陸軍に従軍していた際の戦友で「男らしく、力強」かったが、
リバティーシティに来て変なものに目覚めてしまったようである。

James "Jimmy" Pegorino ジミー・ペゴリーノ

新興マフィアであるペゴリーノ・ファミリーの首領。
敵対関係にあるパヴァノ、ガンベッティ、アンチェロッティなどの伝統的マフィアと抗争している。
息子が一人いたが、自殺している。
最終的にはディミトリか、ニコに殺される。

Raymond "Ray" Booccino レイ・ボッチーノ

ペゴリーノ・ファミリーの幹部。
リトル・イタリーにあるレストランDRUSILLA'Sを経営している。
ジミーの手下だが彼の信頼を得てはいない。
TLADにも登場。登場人物一覧-Lost and damned-も参照。

Phil Bell フィル・ベル

ペゴリーノ・ファミリーの幹部の一人。
イタリアとアイルランド人のハーフ。
オルダニー・チューダーの港にある運送会社の社長でもある。また、ストリップクラブHONKERSの経営も任されている。
フランキー(Frankie Gallo)という甥がいる。

Jon Gravelli ジョン・グラヴェリ

歴史あるガンベッティ・ファミリーの首領。
かなりの大物ながら、病により入院生活を余儀なくされている。

Lola Del Rio ローラ

ロード画面で現れる女性。夜になると通りに現れる娼婦の1人。
どうやらただのキャンペーンキャラクターだった模様で残念ながら本編でニコが出会うことは無い。
LCPDのwebサイトのDATABASEに登録されているので閲覧することはできる。



テレサ・フィラルゴ
追加コンテンツGrand Theft Auto++参照