携帯風文字打ち


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

携帯風文字打ちを、まるちたっぷを使って実現する


まるちたっぷとは何か

SIP(SoftwareInpurpanel入力パネルソフト)の一種です。画面上にキーボードを表示し、タップすることで入力できます。10キーベースの入力パネルで、通常のフルキー(qwerty型)SIPよりもタップ入力が楽なのが特徴です。

インストール方法

[この章は(http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/keitai/1198029762/314)からの転載です。20スレ目の314氏ありがとうございます。]

まるちたっぷ。使ってる。
対処法書くからちゃんと覚えろよw

1.MultiKeyHookを導入する(dll関連忘れるなよ)
2.スタートアップにあるショートカットのリンク先パスをメモる
(有効でないと書かれるが、これはROMファイルのショートカットだからで実際は存在する)
3.スタートアップ内のショートカットを他のフォルダにコピー
4.MultiKeyHookで「keyinject.dll」に相当する「exewindll.exe」を最後に指定する。
5.常駐メモリをなるべく軽くする。
(SB提供のかんたんwifiは重いので外すと大抵大丈夫)

余裕があつやつはPQzIIをインスツールすれば、縦画面では「まるちたっぷ。」横では標準のIMEとすることもできる。
(PQzIIはインストール方法に注意せよ)

俺はさらにボタン1とボタン2にPMAAViewとMCHARを割り当てて、片手で大抵の文章を入力できるようにしてある。


追記@Comments/動作確認/ソフトウェア - X01T 東芝 ソフトバンク - Windowsケータイ

"ちなみに、某ブログにあるATOKインストール法をやってATOK入れてからスレにあげた方法の「MultiKeyHookで「keyinject.dll」に相当する「exewindll.exe」を最後に指定する」を最後にも指定しないで削除しておくとATOKも使えます。(まるちたっぷ。上でも予測変換可能)"

追記@

>>179
まるちたっぷ
MultiTapIM.PPC2003.arm.CABを本体にインスコ
RelocateTodayDll.exeを任意のとこへ
multikeyhook.cplを\Windowsへ
gsgetfile.dllを\Windowsへ
Windows\スタートアップ\keyinject.dll.lnkを削除
ソフトリセット
スタート→設定→システム→MultiKeyHook→Multi level KeyHookにチェック
\Windows\exewindll.exeを選択(=入力)
RelocateTodayDll.exeを実行
RelocateTodayDll.exeのショートカットを作成、\Windows\スタートアップにコピー
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|