※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Eclipseが使用するメモリ量を指定

eclipseを起動する際に、以下のオプションを指定することでヒープサイズを変更することができる。

 eclipse.exe -vmargs -Xmxメモリ量

(例) eclipse.exe -vmargs -Xmx512M
   ヒープサイズを512Mに指定

-vmargs 以降に記述するパラメータがeclipseを起動するJavaVMのパラメータとして渡されることを意味する
-Xmx 最大ヒープサイズを指定




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー