|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ハイデルランドクロニクル1

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

残虐ミランダのヤサしいわたし

こんにちはミランダです。
みなさんにはアンゲリア7世と言うほうが通りがいいでしょうか。
こんなことをいうと、アンゲリアの名を快く思ってないのではないかと
やさしい信徒の皆さんは按ずるのかもしれませんが、
アンゲリアの名は実は気に入ってます。
じゃあなんでミランダかというと、帽子を好みでつけかえるみたいなものです。
あんまり心配しないで下さい。

二日前に18歳になりました。
名前も知らない貴族の人や司祭の人がみんな祝ってくれましたね。
なんとあのマレーネも!
嬉しかったので、みんなミランダを祝ってください。
プレゼントもたくさんもらいましたよー
さすがに聖痕とかはくれなかったけど。
(一応念のために書いておくと、フィニスが欲しいです。)
鎧とかもらってもどうしろっていうんだよって思います。
炎天下の中鎧来てる人をみると、ご苦労さんて感じですよね。
みなさんのおかげでわたしは今こうして教皇やってます。
感謝しなくちゃだわ。

そんな中、渦中の人アンゼルさんもくれました。プレゼント。
こう来るとみなさんもいろいろ思うところあるかもしれませんけど、
何もおもしろいことありませんよ。

さて開けてみると本なわけですが、動物(牛か何か?)のガイコツの表紙で
ちょっと趣味悪いのかいいのかわからないけど、
Werewolf:the Forsakenって書いてあります。
読んでみるとRPGでした。
人狼族をプレイするゲームみたいですね。
なんか彼らもいろいろ厳しい生活を送ってるぽいけど、犬は好きなんで多分気にいると思います。
飼い犬のレックスは最近わたしに近づかなくなりました。
お互い成長したのかな。
みなさん興味ないかもしれませんが。

なんか変なルールがあって、みんな勝手にぶちきれて暴れまわるんです。
これは共感しちゃうなあ。
あるよね、怒りたいことも、暴れたいことも。
みなさんだってあると思うし、教皇にだって実はあります。
みんな我慢して大人になっていくのかな。
わたしは大人になれたのかな。

世のRPGには怒りがありません。
W:tFは怒りがあります。
RPGって面白いですね。

でもフルキフェルだよね、これって。