|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

異端審問


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

異端審問の激化


異端審問は当初、教会の権力を及ぶ範囲、つまり聖/精神的な側面に限られており、その刑罰は通常破門が限界でした。
しかし新教が登場し、破門しても異端者が新教に移行してしまうようになったことや、俗/物質的な側面の代表者としてアンゼル1世が教会の権威を認めたために、異端審問による刑罰は激化し、拷問や死刑といった刑罰が多用されるようになったのです。

刑罰


異端審問官による処刑が受け入れられた背景には、刑罰がある種の娯楽として機能していたという側面があります。
かつて優れた異端審問官は真書の内容をよく理解した上で、さまざまな審問の手順に従って厳正に処理を行う能力が要求されました。
しかし時代の推移に従って、異端審問官にはパフォーマー、エンターテイナーとしての手腕が求められるようになったのです。
民衆の関心を集めるため、刑罰は火刑などの派手なものが多用されるようになりました。