完全放火マニュアル(ブログ的な意味で)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そろそろ書いてもいいかと思った。 誰かが今後の祭りに役立ててくれればと思う。


放火側の鉄則

祭りの基本は短期決戦。
勢いで閉鎖まで押し切れば勝ち、それ以外は負け。
放火側の最重要課題は勢いの維持。

2ちゃんねるでやれ

2chでスレを立ててやるのが基本。理由はいくつかある。

  • 新規参入者が増える

参加直後はテンションが高く勢いがある。
わざわざMixiとかしたらばに移り勢いを減らすのは愚策。

  • 相手に精神的ダメージを与える

「便所の落書き」と言ってるヤツほどそれを気にしている。

まとめサイトを作れ

2chのスレだけで現状を把握できるわけが無い。
「見れば祭りに参加できる」状態のまとめサイトを作る事で、参加者を増やす事ができる。
その際、更新は基本的に自分ひとりで行う覚悟をしておく事。
既存ページの編集権限は自分だけのものにするべき。
Wikiの90%は一人が編集するものだし、妨害が来るのは目に見えている。
データはバックアップしておき、最悪消去された場合にもすぐ移転・復旧できるようにしておくこと。
ついでに言うならまとめサイトは他のブログ等で紹介されやすい。
ブログでの紹介は、潜在的な参加者を動かすのに役立つ。

まとめサイトの基本

  • 大義名分を掲げる。

とりあえず「正義は我にあり」って主張することは大事。 目標がいかに悪辣非道なのかを書いておくべし。建前で構わない。

犯罪厳禁

警察の介入は最強の消化剤。できるだけ犯罪はしない。
特に直凸は厳禁。相手が警察に連絡していた場合即逮捕・補導になりかねない。 直凸実況は最高の燃料になるが、同時に大きな危険を伴う事を覚えておくべき。

必殺技

javascript:document.body.contentEditable='true'; document.designMode='on'; void 0

このブックマークレットで、ブラウザ上で編集できるようになる。
Mixi、スクリーンショット。あとはわかるな?


消火側の鉄則

最善策は、炎上したブログを消して逃げる事。
燃えるものが無くなれば自然鎮火する。
ただし、諸事情により、ブログを消すわけにはいかないならば、消火活動をするしかない。

警察を介入させろ

直凸の気配があればすぐに警察に連絡。
嘘さえ吐かなければ真実を話す必要は無い。

まとめサイトを潰せ

  • サーバに苦情を入れまくる。

住所氏名電話番号等が載っていたら即連絡。
公開情報だったとしても、「念のため」で案外消してくれる。

  • まとめサイトを妨害

新しいページが作れるなら無意味なページを大量に作成する。
アダルトサイトへのリンク等を貼りまくる。
最終的には「管理者のみ更新可」になるが、まとめ役の負担は増え、24時間更新され続ける事も無くなる。
IP制限対策として、GoogleProxy経由で編集すると良い。 管理者が無能なら、Googleからのアクセスを制限してくれる可能性がある。

開き直れば勝ち

開き直った相手にできることってのはそんなに多くない。